pagetop

本 照葉樹林文化とは何か 東アジアの森が生み出した文明

ほしい!に追加 twitter
本-照葉樹林文化とは何か 東アジアの森が生み出した文明
著者: 佐々木高明 (著)
定価 ¥1,058(税込)
BOOKFANポイント: 49 pt
or
Tポイント: 29 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央公論新社
シリーズ名 中公新書 1921
発行年月 2007年 11月
ISBNコード 9784121019219
版型 --
ページ数 322P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

佐々木高明 OFF

内容紹介

ヒマラヤから西日本に広がる照葉樹林帯。
そこでは森によって育まれた共通の文化が生まれた。
モチやナットウを食べ、カイコや漆を利用する。
高床吊り壁の家に住み、山の中にあの世があると考える…。
本書では、日本文化のルーツでもある照葉樹林文化の特徴を紹介するとともに、照葉樹林文化論の誕生とその展開を概説。
さらに長江文明や稲作の起源との関連について最先端の研究者との座談会を付した、照葉樹林文化論の決定版。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 照葉樹林文化とは―目で見る照葉樹林文化(照葉樹林帯とその生業/照葉樹林帯の食文化/さまざまな文化の共通性)/第2部 照葉樹林文化論の成立・展開と日本文化の形成(照葉樹林文化論の成立―その背後にあるもの/照葉樹林文化論の展開/照葉樹林文化と稲作文化/日本文化の形成と照葉樹林文化)/第3部 討論 照葉樹林文化と稲作文化をめぐって(照葉樹林文化論と稲作文化―問題提起に代えて/イネを生み出した前提条件はなにか/栽培稲の誕生/長江中流域か下流域か/照葉樹林文化と稲作文化の位置付け/長江文明の稲作の実態/照葉樹林文化論の検証)

著者情報

佐々木 高明
1929年、大阪府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。立命館大学助教授、奈良女子大学教授、国立民族学博物館教授、同館長、アイヌ文化振興・研究推進機構理事長を歴任。国立民族学博物館名誉教授。専攻・民族学。照葉樹林文化論を中尾佐助とともに構築・提唱(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


すえずえ

畠中恵(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ