pagetop

本 健康・老化・寿命 人といのちの文化誌

ほしい!に追加 twitter
本-健康・老化・寿命 人といのちの文化誌
著者: 黒木登志夫 (著)
定価 ¥950(税込)
BOOKFANポイント: 44 pt
or
Tポイント: 26 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央公論新社
シリーズ名 中公新書 1898
発行年月 2007年 05月
ISBNコード 9784121018984
版型 --
ページ数 311P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

黒木登志夫 OFF

内容紹介

糖尿病、心臓病、がん、感染症―生命を脅かす疾患の解明は進み、治療法も進歩した。
しかし寿命には限界がある。
いったい何が寿命を決めるのか。
人はなぜ太り、歳をとり、病気になるのか。
本書は、がんと狭心症を体験した著者が、歴史と生物進化の視点から、遺伝子と病原微生物の狩人たちの人間ドラマを背景に描く、臨場感あふれる医学物語である。
生と死をめぐる文学作品や映画の名場面が知的好奇心に彩りを添える。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 寿命―世界最長寿国、日本/第2章 老化―日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ/第3章 肥満―もう一つの栄養失調/第4章 糖尿病―恐るべき合併症/第5章 循環器疾患―血管が詰まる、破れる/第6章 がん―敵も身の内/第7章 感染症―終わりなき戦い/第8章 生活習慣―タバコ、食事、運動、健康診断/第9章 別れ―逝きし人、遺された人々

著者情報

黒木 登志夫
1936年(昭和11年)、東京に生まれる。1960年、東北大学医学部卒業。東北大学抗酸菌病研究所(現、加齢医学研究所)助教授(1967年)、東京大学医科学研究所助教授(1971年)を経て、1984~86年、同教授。この間、ウィスコンシン大学がん研究所に留学(1969~71年)、WHO国際がん研究所(フランス・リヨン)に勤務(73、75~78年)。昭和大学腫瘍分子生物学研究所長(1996~2001年)を経て、2001年より岐阜大学長。2000年、日本癌学会会長。東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ