pagetop

本 ラテン語の世界 ローマが残した無限の遺産

ほしい!に追加 twitter
本-ラテン語の世界 ローマが残した無限の遺産
著者: 小林標 (著)
定価 ¥928(税込)
BOOKFANポイント: 43 pt
or
Tポイント: 25 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
中央公論新社
シリーズ名
中公新書 1833
発行年月
2006年 02月
ISBNコード
9784121018335
版型
--
ページ数
288P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小林標 OFF

内容紹介

かつてローマ文明を支えたラテン語の生命力は、二千年経った現在でも衰えていない。
ラテン語は、生物学などの学問やキリスト教で使われるとともに、イタリア語やフランス語、スペイン語などをも生み出した。
さらに、その言語構造が持つ普遍性ゆえに、英語や日本語にも影響を与えている。
身近な言葉や箴言、いまも残る碑文などの豊富な例をひきながら、ラテン語の特徴やその変遷、ラテン文学のエッセンスを楽しく語る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ラテン語と現代/世界のなかのラテン語/ラテン語文法概説/拡大するラテン語/ラテン語と文学/黄金時代の文学者/白銀時代の文学者/ラテン語の言葉あれこれ/変わりゆくラテン語/ラテン語はいかに生き延びたか/中世ラテン語/その後のラテン語

著者情報

小林 標
1945年、北海道生まれ。京都大学文学部卒業。京都産業大学教授等を経て、大阪市立大学大学院文学研究科教授。専攻、ラテン・ロマンス諸語比較文献学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

呉座勇一(著)


儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ケント・ギルバート(著)


黄砂の籠城 上

松岡圭祐(著)


ランキング一覧へ