pagetop

本 硝子の太陽N ノワール

ほしい!に追加 twitter
本-硝子の太陽N ノワール
著者: 誉田哲也 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
中央公論新社
発行年月
2016年 05月
ISBNコード
9784120048500
版型
--
ページ数
382P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

誉田哲也 OFF

内容紹介

沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した二月、新宿署の東弘樹警部補は「左翼の親玉」を取り調べることに。
その直後、異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こる。
被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。
社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東とセブンの共闘が始まる!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: こたろう 投稿日:2016/08/25

R-ルージュと同時発売のコラボ小説だとか

いまいち題名の意味が分かりませんが、とりあえずこれまで誉田哲也の人気小説に出てきた登場人物が複数出てくるわけなんだなと、理解しながら読み進めます。


〈ジウ〉サーガ×姫川玲子 誉田哲也の二大人気シリーズが、衝撃のコラボレーション!
という説明書きがありました。なるほどな、と思える人は誉田哲也をよく読んでいる人です。


簡単に言うと歌舞伎町セブンの続編です。歌舞伎町セブンというのは、時代劇の池波さんの藤枝梅安シリーズの歌舞伎町を舞台にした現代版という感じです。


誉田作品の定番で、まず説明なしに臨場感たっぷりのグロい犯罪シーンが描かれます。もっとも今回はグロさがやや控えめかなと。


その後以前登場した刑事、東が主人公で上岡という歌舞伎町セブンのメンバーでもある(もちろん秘密ですが、東は気づいています)の殺人事件が起こります。当初その特別捜査班にまわされるはずの東が突然「左翼の親玉」矢吹近江の取り調べをせよと上司から謎の指示を受けます。
しかし東は上岡を情報屋として使っており、つい最近もあっていた関係で、そちらのほうが気になります。何かと顔を突っ込み情報を集めるうちに、その裏の真相に迫っていきます。


一方仲間の上岡を殺された歌舞伎町セブンも独自の線から犯人を追い詰めていきます。


沖縄の基地問題、安保問題が絡み、裏で画策する連中の尻尾をつかみかたき討ちをしようとするセブンたちと東のからみがこの作品の売りなのかなと。


ただ案外あっさり収束してしまった印象ですし、それまでの前振りという説明が長くて、ハラハラドキドキの度合いがグロさの度合いとともに、いつもより低い気がしました。


ちなみにノワールとはフランス語で闇、黒という意味で犯罪小説という意味で使われているそうです。
ただ闇の濃さが薄い気がしたな、今回は。姫川もガンテツもチラリと出てきてサービスに努めますが、本筋がちょっと盛り上がりに欠けた気がします。
ルージュも読む予定ですが……
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

ボクたちはみんな大人になれなかった

燃え殻(著)


月の満ち欠け

佐藤正午(著)


影裏

沼田真佑(著)


ランキング一覧へ