pagetop

本 文明の生態史観はいま

ほしい!に追加 twitter
本-文明の生態史観はいま
著者: 梅棹忠夫 (編)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央公論新社
シリーズ名 中公叢書
発行年月 2001年 03月
ISBNコード 9784120031199
版型 --
ページ数 221P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

梅棹忠夫 OFF

内容紹介

梅棹忠夫の「文明の生態史観」は、1957年2月に発表された。
従来になかった新しい世界像のなかに日本文明を位置づけた構想力と独創性によって、日本人を勇気づけ、いまや古典となっている。
本書は、「文明の生態史観」の誕生と成長の過程を追い、「海洋史観」の川勝平太氏と交わした対話などによって、その今日的・普遍的意義を新たに提示する。
さらに、生態史観にもとづき日本文明の歴史を概観し、その未来像を大胆に打ち出す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 「文明の生態史観」の誕生と成長/第2章 対談 日本文明の未来をかたる(梅棹忠夫/川勝平太)/第3章 対談「文明の生態史観」の今日的意義(梅棹忠夫/川勝平太)/第4章 梅棹生態史観と川勝海洋史観―四人の識者からのコメント/第5章 講演 海と日本文明

著者情報

梅棹 忠夫
1920(大正9)年、京都市に生まれる。1943年、京都大学理学部卒業。理学博士。学生時代の白頭山登山および大興安嶺探検以来、調査、探検の足跡は、ひろく地球上にしるされている。京都大学人文科学研究所教授、国立民族学博物館長をへて、現在は同館顧問、名誉教授。専攻は民族学、比較文明学。1994年、文化勲章を受章する。著書は『文明の生態史観』『東南アジア紀行』『サバンナの記録』『知的生産の技術』『地球時代の日本人』『日本とは何か』『情報の文明学』など多数。いずれも『梅棹忠夫著作集』(全22巻 別巻1)に収録。近著に『行為と妄想』『近代世界における日本文明』がある

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


ストライク・ザ・ブラッド 16

三雲岳斗(著)


アクセル・ワールド 21

川原礫(著)


ランキング一覧へ