pagetop

本 大本営参謀は戦後何と戦ったのか

ほしい!に追加 twitter
本-大本営参謀は戦後何と戦ったのか
著者: 有馬哲夫 (著)
定価 ¥799(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新潮社
シリーズ名
新潮新書 400
発行年月
2010年 12月
ISBNコード
9784106104008
版型
--
ページ数
255P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

有馬哲夫 OFF

内容紹介

大本営参謀たちにとって、敗戦は「戦いの終わり」を意味しなかった。
彼らは戦後すぐに情報・工作の私的機関を設立し、インテリジェンス戦争に乗り出したのである。
国防軍の再興を試みた者、マッカーサーの指示で「義勇軍」を作った者、そして吉田茂暗殺を企てた者…。
五人の誇り高き帝国軍人は何を成し遂げようとしたのか。
驚愕の事実がCIAファイルには記録されていた。
機密文書から読み解く昭和裏面史。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 戦後の「軍閥」と「地下政府」/第2章 国防軍を夢見た男―河辺虎四郎ファイル/第3章 マッカーサーの「義勇軍」を率いた男―有末精三ファイル/第4章 吉田茂暗殺計画の首謀者にされた男―服部卓四郎ファイル/第5章 変節しなかったトリプル・エージェント―辰巳栄一ファイル/第6章 第三次世界大戦アメリカ必敗論を説いた男―辻政信ファイル

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

ビブリア古書堂の事件手帖 7

三上延(著)


火花

又吉直樹(著)


失敗の本質 日本軍の組織論的研究

戸部良一(著)


ランキング一覧へ