pagetop

本 身体の文学史

ほしい!に追加 twitter
本-身体の文学史
著者: 養老孟司 (著)
定価 ¥1,188(税込)
BOOKFANポイント: 55 pt
or
Tポイント: 33 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新潮社
シリーズ名 新潮選書
発行年月 2010年 02月
ISBNコード 9784106036354
版型 --
ページ数 220P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

養老孟司 OFF

内容紹介

三島由紀夫の割腹とホムンクルスの関係とは。
芥川龍之介はなぜ中世に惹かれたのか。
深沢七郎の真骨頂は一体なにか。
日本文学の「転換期」とはいつなのか。
他に夏目漱石、森鴎外、小林秀雄、大岡昇平、石原慎太郎らの近現代文学の名作を、解剖学者ならではの「身体」という視点で読み直し、新たな歴史観を呈示する一冊。
加藤典洋氏との対談を追加して選書化。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

身体の文学史/芥川とその時代/心理主義/文学と倫理/身体と実在/自然と文学/深沢/七郎ときだみのる/戦場の身体/太陽と鐵/表現としての身体

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: tsubasa 投稿日:2011/04/08

私は養老孟司氏の著作では本書…

私は養老孟司氏の著作では本書が最高傑作だと思っている。唯脳論もバカの壁も全て本書の裡に含まれている。しかも、確りと文学作品を例にとりながら論理的に、自然/都市あるいは身体/脳という後年重要になる概念装置となっている。

意識の優位をきらびやかに身に纏った芥川から始まり、身体が戦争によって再び呼び起こ… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ