pagetop

本 マックス・ヴェーバー物語 二十世紀を見抜いた男

ほしい!に追加 twitter
本-マックス・ヴェーバー物語 二十世紀を見抜いた男
著者: 長部日出雄 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新潮社
シリーズ名 新潮選書
発行年月 2008年 05月
ISBNコード 9784106036088
版型 --
ページ数 440P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

長部日出雄 OFF

内容紹介

百年以上も前、『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を著し、彼は資本主義の行く末を予言していた。
経済と文化の発展の末に「精神のない専門人、心情のない享楽人」が跋扈する。
二十世紀とは何だったのか?今日の混迷する世界の難問を解く鍵は?ドイツの偉大な哲人の生涯を丹念に辿り、その壮大な思想を読み解く評伝大作。
選書版で、登場。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

強力なる官僚と無力なる議会/日本の仏教を洞察した西欧の眼/ハイデルベルクの決闘学生/シュトラスブルクの新兵訓練/ビスマルクへの疑問/「プロイセン」と日本の運命/明治憲法とドイツ憲法学/ゲッティンゲンの猛勉強/司法書記官試補の悪戦苦闘/上級官吏試補の愛と苦悩/新進教授の夜明け前/教授就任講演の大反響/学問と政治の迫間で/オイディプスの悲劇/深まる地獄の季節/「修道院」に見た資本主義の原型/研ぎ澄まされる「方法論」の刃/二十一世紀の進路を示す傑作/M・ウェーバー アメリカを行く/資本主義という「運命」

著者情報

長部 日出雄
1934(昭和9)年青森県弘前市生まれ。週刊誌ライター、映画批評家を経て作家となる。1973年『津軽世去れ節』『津軽じょんから節』で直木賞を受賞。のち他作品で、芸術選奨、新田次郎文学賞、大佛次郎賞、和辻哲郎文化賞を受賞。該博な知識と取材力を生かした評伝に定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ