pagetop

本 二十世紀から何を学ぶか 下

ほしい!に追加 twitter
本-二十世紀から何を学ぶか 下
著者: 寺島実郎 (著)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新潮社
シリーズ名 新潮選書
発行年月 2007年 05月
ISBNコード 9784106035821
版型 --
ページ数 284,6P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

二十世紀から何を学ぶか OFF
寺島実郎 OFF

内容紹介

二十世紀初頭、イギリスを凌ぐ超大国となり、世界の覇権を握ったアメリカ。
解放と独立を目指したアジアの人々。
その狭間で揺れる日本。
「アメリカの世紀」はどのように創られ、そのただ中を人々はどう生きたのか?尊大にも自虐にも流れない歴史認識を構築するために、歴史の源流を遡り未来を展望する。
注目の歴史エッセイ第二弾、選書版で再登場。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 アメリカの世紀がアジア太平洋にもたらしたもの(太平洋の転換点となった米西戦争での米国の勝利/明治の青年に夢を与えたクラーク博士の実像と足跡/ヘンリー・ルース、「アメリカの世紀」を推進した男/フランクリン・ルーズベルトの対日観の歴史的変遷/敗戦後の日本を「支配」した「極端な人」マッカーサー)/第2章 国際社会と格闘した日本人(「太平洋の橋」になろうとした憂国の国際人、新渡戸稲造/キリストに生きた武士、内村鑑三の高尚なる生涯/禅の精神を世界に発信した、鈴木大拙という存在/六歳の津田梅子を留学させた明治という時代/「亡命学者」野口英世の生と死/高峰譲吉の栄光とその悲しみ/日本近代史を予言した男、朝河貫一の苦闘と日米関係/近代石炭産業の功労者、松本健次郎と日本の二十世紀/情報戦争の敗北者だった大島浩駐独大使)/第3章 アジアの自尊を追い求めた男たち(アジアの再興を図ろうとした岡倉天心の夢/「偉大な魂」ガンディーの重い問い掛け/インドが見つめている―チャンドラ・ボースとパル判事/革命家・孫文が日本に問いかけたもの/魯迅が否定した馬々虎々/不倒翁・周恩来の見た日本)/第4章 二十世紀再考―付言しておくべきことと総括(一九〇〇年エルサレム―アラブ・イスラエル紛争に埋め込まれたもの/一九〇〇年香港―英国のアジア戦略/総括 結局、日本にとって二十世紀とは何だったか(上)(中)(下))

著者情報

寺島 実郎
(財)日本総合研究所会長、(株)三井物産戦略研究所所長、三井物産株式会社常務執行役員、早稲田大学アジア太平洋研究センター客員教授。1947年北海道生まれ。73年早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。同年三井物産に入社。調査部、業務部を経て83年より米ブルッキングス研究所(在ワシントン)へ出向。その後、米国三井物産ワシントン事務所長(91年)、三井物産業務部総合情報室長(97年)を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ