pagetop

本 遠藤周作と歩く「長崎巡礼」

ほしい!に追加 twitter
本-遠藤周作と歩く「長崎巡礼」
著者: 遠藤周作 (著)
芸術新潮編集部 (編)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新潮社
シリーズ名 とんぼの本
発行年月 2006年 09月
ISBNコード 9784106021497
版型 --
ページ数 127P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

遠藤周作 OFF
芸術新潮編集部 OFF

内容紹介

奉行所跡でロドリゴ神父の踏絵シーンに泣き、大浦天主堂でキクの哀しい最期に泣き、浦上村でサチ子の被爆悲話に泣く…。
作家は雨の街角で、狭い路地で、何を考え、何を見出したか?「沈黙」、「女の一生」の足跡を辿る―。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

「沈黙」の舞台を歩くその1 旧外海町+大村―トモギ村に栄光!/「沈黙」の舞台を歩くその2 西坂から本河内―強い者も弱い者もない/「沈黙」の舞台を歩くその3 風頭山から旧外浦町―キリストが求めたものは?/「女の一生」の舞台を歩くその1 旧浦上村―愛と哀しみの浦上村/「女の一生」の舞台を歩くその2 丸山から大浦天主堂+大篭町―キクの祈り/「女の一生」の舞台を歩くその3 雲仙・島原―あたかも殉教のなきがごとく/横瀬浦―宣教師の時代そのまま/生月―かくれ切支丹の島/平戸・五島列島―ある日、遠い海から…

著者情報

遠藤 周作
1923(大正12)年、東京生れ。幼年期を旧満州大連で過ごし、神戸に帰国後、11歳でカトリックの洗礼を受ける。慶應義塾大学仏文科卒。フランス留学を経て、1955(昭和30)年「白い人」で芥川賞を受賞。一貫して日本の精神風土とキリスト教の問題を追究する一方、ユーモア作品、歴史小説も多数ある。1995(平成7)年、文化勲章受章。1996年、病没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

教育・資格検定のランキング

見てる、知ってる、考えてる

中島芭旺(著)


公式TOEIC Listening & Reading問題集 1

EducationalTestingService(著)


TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

EducationalTestingService(著)


ランキング一覧へ