pagetop

本 ル・コルビュジエの勇気ある住宅

ほしい!に追加 twitter
本-ル・コルビュジエの勇気ある住宅
著者: 安藤忠雄 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新潮社
シリーズ名 とんぼの本
発行年月 2004年 09月
ISBNコード 9784106021190
版型 --
ページ数 127P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

安藤忠雄 OFF

内容紹介

だれもが認める20世紀建築における最大の巨人ル・コルビュジエ。
でも、いったいどこがどうすごいのか?そもそもどこが巨匠たるゆえんなのか?安藤忠雄が「住宅」を切り口に、ル・コルビュジエの魅力に迫る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

prologue 20世紀の巨匠たち/なぜ、ル・コルビュジエか?/17歳、なんとなく建築家―ファレ邸(1905‐1907)/壁がなくとも家はできる―ドミノ・システム(1914)/あまりに早すぎた大衆住宅―シトロアン住宅(1920(第1案)1922(第2案))/理性とドラマが葛藤する傑作―サヴォワ邸(1928‐1931)/集まって住む夢―ユニテ・ダビタシオン、マルセイユ(1945‐1952)/インドで風を見つけた―サラバイ邸(1951‐1955)/20世紀の遺跡―ロンシャンの礼拝堂(1950‐1955)/闘う巨匠を癒す場所―カプ・マルタンの休暇小屋(1951‐1952)/epilogue ル・コルビュジエの遺伝子/挑み続けた77年

著者情報

安藤 忠雄
1941年大阪生れ。建築家、文化功労者。17歳でプロボクサーとしてデビュー。その後日本やヨーロッパでの放浪を経て、独学で建築を学び、1969年に事務所を設立。イェール大、コロンビア大、ハーバード大の客員教授を務め、1997~2003年東京大学教授、現在は東京大学名誉教授。1979年に〈住吉の長屋〉で日本建築学会賞、2002年に米国建築家協会(AIA)金メダルほか受賞歴多数

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: クロニスタ 投稿日:2011/06/21

祝・世界遺産決定

以前、森美術館で開催されたル・コルビュジェ展を見たときに買った本。このたび上野の西洋美術館がめでたく世界遺産決定ということで読み直した(この本は住宅に特化したものなので西洋美術館のことは書かれていません)


彼の考案したドミノ・システムは建物を支えていた壁を無くし、鉄筋コンクリート製の床、柱、階段だ… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ