pagetop

本 ちんぷんかん

ほしい!に追加 twitter
本-ちんぷんかん
著者: 畠中恵 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新潮社
発行年月
2007年 06月
ISBNコード
9784104507078
版型
--
ページ数
264P
平均評価
(3.5)
: 0件
: 3件
: 0件
: 0件
: 1件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

畠中恵 OFF

内容紹介

江戸有数の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいたが、日本橋を焼き尽くす大火に巻かれ、とうとう三途の川縁を彷徨う羽目に…。
若だんなと鳴家の三途の川縁冒険譚に、若き日のおっかさんの恋物語、兄・松之助の縁談に気になるあのキャラも再登場で、本作も面作さ盛りだくさん!大好評「しゃばけ」シリーズ第六弾。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

畠中 恵
1959年高知県生まれ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学ビジュアルデザインコース・イラスト科卒。2001年『しゃばけ』で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: りえこ 投稿日:2012/03/23

若だんな、いきなり死す!?

若だんなシリーズ第六弾めはやっぱり短編集。
なんか若だんなシリーズって字面から若大将シリーズを連想してしまふ・・・。

さて第一話目で若だんな、煙に巻かれたと思ったら三途の川を前に一人たたずんでいた。・・・って、いきなり死んでるじゃん!
でもなぜか裁きも受けず、袖の中には鳴家までいていつもと同じようにお菓子を食べている。
そして、賽の河原で石を積む子らの中にも、少し様子の違う子供がいて。。。

第二話は、前にも出てきた広徳寺の若いお坊さん、秋英の話。
理由のわからないまま寛朝の弟子となって13年。しかし弟子として妖退治ができるわけでもない。
そんな秋英の初仕事の顛末は。
そして、兄の縁談に複雑な思いの若だんなは。

なぜ母は父と結婚したのだろう? 三話目は、母おたえの若い頃の思い出話。
縁談の相手の力になるため、おたえは不思議な話の謎解きに挑みます。
この親にしてこの子あり。なんか昔っから同じことやってるんだなあ。まわりの人や妖たちも。

四話目にして、火災に遭った店がようやく再建。新たな門出を祝って妖たちとの宴の最中、なんと式神が現れます。
江戸に陰陽師がいるのか? なぜ若だんなを狙うのか?
手がかりを探す妖たちが行き着いたのは、兄・松之助の縁談の相手の家、玉乃屋でした。

松之助の結婚はめでたいことではあるけれど、寂しさを抑えきれない若だんな。
そのうえ、幼馴染の栄吉までも、菓子修行に出るかもしれないという。
そんな若だんなの前に現れたのは、桜の花びらの妖。はかない命にいつにない執着を見せる若だんなですが、兄やたちの態度もどことなくおかしくて・・・。
五話目だけ少し雰囲気が違う気がします。ケータイ配信のせいかな。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

ボクたちはみんな大人になれなかった

燃え殻(著)


月の満ち欠け

佐藤正午(著)


影裏

沼田真佑(著)


ランキング一覧へ