pagetop

本 ローマ文化王国-新羅

ほしい!に追加 twitter
本-ローマ文化王国-新羅
著者: 由水常雄 (著)
定価 ¥4,536(税込)
BOOKFANポイント: 210 pt
or
Tポイント: 126 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新潮社
発行年月 2005年 05月
ISBNコード 9784104476015
版型 --
ページ数 334P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

由水常雄 OFF

内容紹介

従来の史家は“北方系の異質な文化”として、解明できなかった四~六世紀の新羅とはどんな国だったのか?天馬塚、味鄒王陵、皇南洞九八号墳等、韓国考古学の成果である大発掘による出土品の数々と世界の博物館の品々とを対比させ、深い関係を検証して、正に新羅文化がローマ文化の所産である一大展観を書中に試みた画期的著作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

なぜこの本を書くことになったか/新羅はどのような国であったか/新羅はなぜ中国と国交をもたなかったか/新羅王の王冠の謎/天馬塚の遺構と遺物が示しているもの/衝撃の皇南洞九八号双墳の発掘/微笑するトンボ玉/ケルトの黄金剣の謎/新羅出土のローマン・グラス/圧倒的な陶製リュトン群/新羅はローマ文化の国だった/ローマから新羅への道

著者情報

由水 常雄
1936年、徳島県に生まれる。早稲田大学大学院博士課程修了。1968年より1970年まで、チェコ(旧チェコスロバキア)政府招聘留学生としてカレル大学に学ぶ。ガラス工芸史、東西美術交渉史専攻。いろいろな大学で教鞭をとった後、1981年、ガラス作家養成校・東京ガラス工芸研究所、能登島ガラス工房などを開設

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ