pagetop

本 ただしくないひと、桜井さん

ほしい!に追加 twitter
本-ただしくないひと、桜井さん
著者: 滝田愛美 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新潮社
発行年月
2016年 12月
ISBNコード
9784103505716
版型
127×188mm
ページ数
207P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

滝田愛美 OFF

内容紹介

学童保育のような場所でボランティアをする桜井さんは、やる気がなさそうに見えて、子供たちからはなぜか人気者。
だが、平穏な日々は突然、一つの事件によって破られる。
読者から圧倒的支持を得たR‐18文学賞受賞作をはじめ、どうしようもなさを抱えて生きる人々をそっと掬い上げたデビュー作。
第13回「女による女のためのR‐18文学賞」読者賞受賞作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: まーち 投稿日:2017/03/16

それぞれの秘密の裏側で・・・

この作品は、第13回「女による女のためのR-18文学賞」読者賞受賞作である、「ただしくないひと、桜井さん」を改題した「正義のみかた」と、そこから派生した物語を描いた、連作短編集である。「R-18」というのを知らずに借りてしまったのだが、読んでみると、確かに、そういう場面が、各話で出てくる。


『正義のみかた』 大学4年生の桜井さんは、NPO団体が運営する、ゆるい学童保育のような場所で、ボランティアとして働いている。なぜか人気者の桜井さんには、子どもたちから、さまざまな相談がもちかけられる。ところが、星野柚希という女子中学生からの相談が、とんでもない事件に発展してしまい・・・


『茜さすみどり』 この話の主人公は、前の話で登場する、中学生の横田太郎の父親である大介。彼の妻は入院しているのだが、アルバムを見ようとしていたところ、間にはさまれたノートを発見する。「保育士日記」と書かれていたので、妻が、保育士として働いていた時のものと思ったのだが、中には、予想もしなかった妻の秘密が書かれていたのである。そのショックが、前の話の事件につながっていくのだ。


『それも愛』 この話の主人公は、横田大介と同じ職場で働いていた青年の祖母。彼女は70歳を過ぎているのだが、なんと、孫と年のかわらないような青年と交際(肉体関係あり)していて・・・


『聖なる、かな』 桜井さんは、新聞社に入社し、長崎に配属される。その彼を追って、長崎にやってきた丸山さん。彼女も、桜井さんと同じ場所でボランティアをしていて、二人は、ひそかにお互いのことを想っていたのである。そして結ばれた二人。しかし彼らには、重大な秘密が隠されていたのである。


R-18的な話は、あまり好みではないのだが、この作品を読まされてしまったのは、登場人物たちが心の奥に抱えているものが、ていねいに描かれていたからだろう。
まぁ、受け入れがたい話もあったが。


「どうしようもなさを抱えて生きる人々をそっと掬い上げた」という内容紹介は、この作品を、とてもうまくまとめていると思う。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

月の満ち欠け

佐藤正午(著)


ボクたちはみんな大人になれなかった

燃え殻(著)


とるとだす

畠中恵(著)


ランキング一覧へ