pagetop

本 ローマ人の物語 13

ほしい!に追加 twitter
本-ローマ人の物語 13
著者: 塩野七生 (著)
定価 ¥2,808(税込)
BOOKFANポイント: 130 pt
or
Tポイント: 78 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新潮社
シリーズ名 ローマ人の物語 13
発行年月 2004年 12月
ISBNコード 9784103096221
版型 --
ページ数 296,5P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ローマ人の物語 OFF
塩野七生 OFF

内容紹介

ローマが「ローマ」でなくなっていく―帝国再建を目指した二人の皇帝、だがその努力が、逆に衰亡へと拍車をかける。
塩野七生が描く新たな「衰亡史」、いよいよ核心へ。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 ディオクレティアヌスの時代(紀元二八四年‐三〇五年)(迷走からの脱出/「二頭政」/「四頭政」 ほか)/第2部 コンスタンティヌスの時代(紀元三〇六年‐三三七年)(「四頭政」崩壊/皇帝六人/首脳会談 ほか)/第3部 コンスタンティヌスとキリスト教(雌伏の時期/表舞台に/「ミラノ勅令」 ほか)

著者情報

塩野 七生
1937年7月、東京に生れる。学習院大学文学部哲学科卒業後、63年から68年にかけて、イタリアに遊びつつ学んだ。68年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルシアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。82年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。83年、菊池寛賞。92年より、ローマ帝国興亡の一千年を描く「ローマ人の物語」にとりくみ、一年に一作のペースで執筆中。93年、『ローマ人の物語1』により新潮学芸賞。99年、司馬遼太郎賞。2002年、イタリア政府より国家功労賞を授与される

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


デスマーチからはじまる異世界狂想曲 9

愛七ひろ(著)


ランキング一覧へ