pagetop

本 うそうそ

ほしい!に追加 twitter
本-うそうそ
著者: 畠中恵 (著)
定価 ¥594(税込)
BOOKFANポイント: 27 pt
or
Tポイント: 16 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新潮社
シリーズ名
新潮文庫 は-37-5
発行年月
2008年 12月
ISBNコード
9784101461250
版型
--
ページ数
348P
平均評価
(4.5)
: 5件
: 9件
: 3件
: 0件
: 0件
ブクレポ
4件

新刊お知らせ登録一覧へ »

畠中恵 OFF

この商品について

「しゃばけ」シリーズ第5弾!
相変わらずひ弱で、怪我まで負ってしまった若だんな。
両親は箱根へ湯治にやることにしたが、道中は災難続き。
若だんなは無事に帰れるの!?

内容紹介

若だんな、生まれて初めて旅に出る!相変わらずひ弱で、怪我まで負った若だんなを、両親は箱根へ湯治にやることに。
ところが道中、頼りの手代たちとはぐれた上に、宿では侍たちにさらわれて、山では天狗に襲撃される災難続き。
しかも箱根の山神の怒りが原因らしい奇妙な地震も頻発し―。
若だんなは無事に帰れるの?妖たちも大活躍の「しゃばけ」シリーズ第5弾は、待望の長編です。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

畠中 恵
1959(昭和34)年、高知県生れ。名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学卒。漫画家アシスタント、書店員を経て漫画家デビュー。その後、都筑道夫の小説講座に通って作家を目指し、『しゃばけ』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ねこ太郎 投稿日:2013/12/22

箱根の山は、大騒ぎ。

誰もが思い通りに生きられるわけではない。むしろ世間の不条理に流され、無力感にさいなまれている者が多いと思う。
侍だって妖の血を引く者だって、八百万の神だとて悩み苦しむことばかり。
「自分は誰かの役に立っているの?」「存在意義はあるの?」ふと、隣の芝生が青く見えて自信を失って立ち尽くしてしまう。

人生には、見たくない現実も真正面から見据えて、立ち向かわなければならない時がある。いまやらなければならないという時がある。
世間の些事に惑わされず何が大事なことなのか。「見る目」をもつ若旦那。敵をも見方に変えるその力は人格か?器量か?それともただの天然か。

ニックネーム: mint 投稿日:2011/01/04

しゃばけシリーズ第五弾!\nこの…

しゃばけシリーズ第五弾!
この回では若旦那が湯治の為旅に出る長編です。
病弱と言われる若旦那ですが、数々の困難な場面に
遭遇しても精一杯対応して頑張ってます。
ドラマの谷原さんもイメージにピッタリでかっこよかった◎
第三弾も作って欲しいな~。

ニックネーム: p*m 投稿日:2010/08/10

「しゃばけ」から順に読んできた…

「しゃばけ」から順に読んできたのでちょっと久々(?)な感じもした長編でした。

若だんなのキャラとか鳴家の可愛さで何となく全体にまったり感がありながら、「どうなるんだろう?」「どうしてなの??」と次が気になるドキドキ感も一緒にある不思議な作品だと思います。

何かを大事に思う余り他の大事なものを見失う悲しさと危うさ、何をしても誰に何と言ってもらってもどうしても自分に自信を持てない切なさやるせなさ、等々同じようにみんな持ってるんですね、ヒトもアヤカシも神様も。

そういえば兄やたちと離れた時の、体力は無いけど気力と知力溢れた若だんなはなかなかオトコマエで素敵じゃないですか。朝顔に振り回されるお侍や姫神を扱いかねている天狗さんよりずっと!

…でもやっぱり寝込むんですけどね。

ニックネーム: 香衣 投稿日:2010/02/10

あの若だんなが旅に出る!ドラマ…

あの若だんなが旅に出る!ドラマにもなったので、観た人もいるのでは(^^?ドラマの「小鬼」は可愛かったなぁ。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


火花

又吉直樹(著)


キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!

田村潤(著)


ランキング一覧へ