pagetop

本 ツナグ

ほしい!に追加 twitter
本-ツナグ
著者: 辻村深月 (著)
定価 ¥723(税込)
BOOKFANポイント: 6 pt
or
Tポイント: 6 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新潮社
シリーズ名
新潮文庫 つ-29-1
発行年月
2012年 09月
ISBNコード
9784101388816
版型
--
ページ数
441P
平均評価
(4.5)
: 3件
: 4件
: 2件
: 0件
: 0件
ブクレポ
4件

新刊お知らせ登録一覧へ »

辻村深月 OFF

内容紹介

一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。
突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、失踪した婚約者を待ち続ける会社員…ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。
それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、何をもたらすのだろうか。
心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: ねこ太郎 投稿日:2013/03/29

どうしてももう一度逢いたい人がいるあなたへ。

心に重荷を抱えた依頼者たち。死者との再開は許しを請うためか、それとも感謝を伝えるためか。その仲立ちをする異能のひとの苦悩と決断。死の世界と向き合うことは、いかに生きるかとの問いに答えること。それぞれのエピソードに触れてほしい。

ニックネーム: たき 投稿日:2013/01/18

『一度だけ』の重みと大切さ

映画を観るまえに読みました。
相変わらずキャラの作り方やストーリー展開がわたし好みで、漫画みたいで読みやすい。

全体的に、あっさりさっくり淡々と、特に深さを感じる事もなく生者と死者の物語が綴られています。
わたし的には『長男の心得』で、母親(ていうか、おばあちゃん)の優しさに泣き、『待ち人の心得』でキラリの宝物にホロリとし・・ましたが『親友の心得』だけは、読んでてほんとに痛かった。
淡々と・・してなかった・・・。
連作短編なので、そこからの最終章で、ツナグから見たそれぞれの生者と死者、ツナグ自身の物語が語られる構成も良かったです。
完全にファンタジーで、まったく現実的ではないけれど、だからこそ気負わずに生と死について考えることができるように思いました。


死んだ人に一度だけ会えるとしたら・・・・。
この本を読んだ人の多くがそういうことを考えるんじゃないかと。
そして、自分が死んだ後で、会いたいと言ってくれる人がいるだろうか。
ということも。
他の誰にも会えなくていいから、どうしても自分に会いたいって言ってくれる人がいるとしたら。
例えそれがどんな心情でそう思ってくれたのであっても、やっぱり素敵で、嬉しいことなんじゃないかなぁ。

ニックネーム: 7720432 投稿日:2012/11/28

亡くなったあの人にもう一度会うことが叶うなら

ツナグ(使者)・・・それはこちら側のヒトとあちら側のヒトとを仲介する窓口。
生きている間に一度だけ、亡くなってからも一度だけ、あちらとこちらで面会が叶う。ただし、亡くなったヒトからの逆指名は出来ない。
・突然死したアイドルに会いたいOL
・母に会いたい頑固な長男
・友達と些細な嫉妬心から喧嘩別れし、とてつもない過ちを心に秘めた高校生
・失踪したフィアンセを待ち続ける会社員
そして、ツナグ本人。
会うことで救われることもあるが、そのまた逆も然り。高校生の編は救いよりも「枷」を感じた。

もし、私自身が会えるなら・・・7歳でこの世を去った娘のような存在だった愛猫にあいたい。彼女が幸せだったのか聞いてみたい。
ってニンゲンじゃないからダメかなぁ。

ニックネーム: jinbu 投稿日:2012/11/23

会いたい人に・・・

映画を観る前にと思って買ってみた。本当に心に染みる作品だったよ。もしこんな世界があったら、今会いたい人にあって話をしてみたい。もう二度と会えないと思っていた人に・・・そんなことを思わされる作品でした。
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ