pagetop

本 卵の緒

ほしい!に追加 twitter
本-卵の緒
著者: 瀬尾まいこ (著)
定価 ¥496(税込)
BOOKFANポイント: 23 pt
or
Tポイント: 13 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新潮社
シリーズ名
新潮文庫 せ-12-2
発行年月
2007年 07月
ISBNコード
9784101297729
版型
--
ページ数
216P
平均評価
(4)
: 3件
: 3件
: 4件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

瀬尾まいこ OFF

内容紹介

僕は捨て子だ。
その証拠に母さんは僕にへその緒を見せてくれない。
代わりに卵の殻を見せて、僕を卵で産んだなんて言う。
それでも、母さんは誰よりも僕を愛してくれる。
「親子」の強く確かな絆を描く表題作。
家庭の事情から、二人きりで暮らすことになった異母姉弟。
初めて会う二人はぎくしゃくしていたが、やがて心を触れ合わせていく(「7’s blood」)。
優しい気持ちになれる感動の作品集。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

瀬尾 まいこ
1974(昭和49)年、大阪府生れ。大谷女子大学国文科卒。2001(平成13)年、「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、翌年、単行本『卵の緒』で作家デビュー。’05年、『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: kirie 投稿日:2015/12/15

家族になるとき

2編とも、家族じゃないひとが家族になっていくお話。と私は感じた。
ベタベタする訳じゃなく、ケンカしても毎日顔を合わす。大事なことが言えなかったり、家族だから言えることがあったり。
そんな関係がとても良さそうに思えた。

ニックネーム: 香衣 投稿日:2010/02/10

題名に惹かれた。愛するというこ…

題名に惹かれた。愛するということ。誰かを愛した証。愛情表現は人それぞれだけど、私はここまでは出来ないなと、我が器の大きさの限界を考えてしまった。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
年末年始電子ストアギフト券キャンペーン!最高3,000円分ギフト券プレゼント中★
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

君たちはどう生きるか

吉野源三郎(著)


わたしを離さないで

カズオ・イシグロ(著)


悲嘆の門 中巻

宮部みゆき(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ