pagetop

本 ゴールデンスランバー

ほしい!に追加 twitter
本-ゴールデンスランバー
著者: 伊坂幸太郎 (著)
定価 ¥1,015(税込)
BOOKFANポイント: 9 pt
or
Tポイント: 9 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新潮社
シリーズ名
新潮文庫 い-69-6
発行年月
2010年 12月
ISBNコード
9784101250267
版型
--
ページ数
690P
平均評価
(4.5)
: 12件
: 16件
: 3件
: 1件
: 1件
ブクレポ
12件

新刊お知らせ登録一覧へ »

伊坂幸太郎 OFF

この商品について

首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年の運命は!?映画化でも話題となったエンタテインメント巨編が待望の文庫化!

内容紹介

衆人環視の中、首相が爆殺された。
そして犯人は俺だと報道されている。
なぜだ?何が起こっているんだ?俺はやっていない―。
首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。
暴力も辞さぬ追手集団からの、孤独な必死の逃走。
行く手に見え隠れする謎の人物達。
運命の鍵を握る古い記憶の断片とビートルズのメロディ。
スリル炸裂超弩級エンタテインメント巨編。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: sun 投稿日:2012/07/16

ん・・・

ニックネーム: RB 投稿日:2012/01/21

ミステリー&逃亡劇

文庫版で約680ページの長編です。
第一部が「事件の始まり」、第二部が「事件の視聴者」、第三部が「事件から二十年後」、第四部が「事件」、第五部が「事件から三ヶ月後」という構成になっています。

本編というかメインは第四部なのですが、その前3編で事件を異なる視点で読者に見せます。ケネディ暗殺事件に多少でも関心がある人には、ものすごく引き込まれるものがあるのではないでしょうか。
国やマスコミから「与えられる」情報がどういうものなのか、怖いくらいの描写です。
それにしても、物語の見せ方がうまいと思いました。

単に作品のストーリーを追うだけではなく、ミステリーという枠にとらわれずにケネディの事件と著者のメッセージを考えるのも良いのでは。
伊坂幸太郎作品の「魔王」「モダンタイムス」と同様にメッセージ性のある作品だと思います。そのかわり万人受けする作品ではないかもしれません。

私は、著者の10年間における集大成的な作品だと思いました。

ニックネーム: mi37277 投稿日:2012/01/04

可哀想な主人公

ニックネーム: トグサ 投稿日:2011/08/28

~僕にも“あの頃”と呼べる青春…

~僕にも“あの頃”と呼べる青春時代があった~
首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の話なので、スリリングな話かと思えば青春小説の趣であった。
また、監視社会と首相テロの話ということで『魔王』のような不気味な話を期待しながら読んだが、それとも違っていた。
最後まで読んでも、全ては明らかにされないのだが、セキュリティポッドで携帯電話の盗聴、盗撮できる監視システムが完備している時代としては、主人公・青柳雅春をはめる手段はアナログであった。
ただ、読後感は良かったです。
冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!!
<感想>
「ゴールデンスランバー」とは、ビートルズの最後のスタジオ録音のアルバム「アビィ・ロード」の中の短い曲のことなのですが、ある程度、ビートルズのことを知っていれば、実際は、この『ゴールデンスランバー』に出てくるような録音時の美しい話は全くなく、事実は真逆である。

ご存知のとおり、ビートルズのメンバーは4人ですが、この『ゴールデンスランバー』に出てくる主人公たちも4人である。
しかし、それぞれジョン・レノン、ポール・マッカトニーなどそれぞれの性格やポジションを反映しているわけではない。

この『ゴールデンスランバー』には、ビートルズの「ゴールデンスランバー」の一節、「Once there was a way to get back homeward」(昔は故郷へ続く道があった)が繰り返し、出てくる。
「帰るべき故郷」を、主人公らの青春時代「あの頃の俺たち」と繰り返し、振り返っている。
僕にも「あの頃の俺たち」と呼べる奴等との青春時代があった。
そんなことを思い出させてくれる作品であった。

そして僕は、今、久し振りにビートルズを聴いている。

少し一人で酔っているようなレビューではあるが、あるサイトで優秀レビューなるものを、頂いたレビューでもある。
まぁー、毎週選ばれるたくさんあるの中の一つですが^^;

「ミステリーが好き・・・」伊坂幸太郎著 『ゴールデンスランバー』~僕にも“あの頃”と呼べる青春時代があった~ より
http://hon-daisuki.jugem.jp/?eid=109#sequel

ここリンクができんのねー。

ニックネーム: heechan 投稿日:2011/06/26

とっても感動しました 大変よく…

とっても感動しました 大変よくできました 心に残る言葉になりました
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

極上の孤独

下重暁子(著)


半分、青い。 下

北川悦吏子(著)


ポイズンドーター・ホーリーマザー

湊かなえ(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ