pagetop

本 魔性の子

ほしい!に追加 twitter
本-魔性の子
著者: 小野不由美 (著)
定価 ¥766(税込)
BOOKFANポイント: 35 pt
or
Tポイント: 21 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新潮社
シリーズ名
新潮文庫 お-37-51 十二国記
発行年月
2012年 07月
ISBNコード
9784101240510
版型
--
ページ数
491P
平均評価
(5)
: 5件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
3件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小野不由美 OFF

この商品について

20余年に亙り読み継がれてきた物語。心の奥に潜む無垢と穢れとを描く、「十二国記」戦慄の序章。新作を含むシリーズ完全版が始まる。

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: cotocoton 投稿日:2014/04/05

十二国記外伝にして異色のホラー?

このお話は十二国記外伝として位置づけられてはいますが、スピンオフ的にこの作品だけを読んでも意味は通じると思われます。ただ、この作品単体で読んだ場合ホラー色が強いように感じますが、十二国記外伝として読むと裏事情がよくわかるのでホラーと言う感じはあんまりしませんでした。ホラーが苦手な方は十二国記外伝として読むとそれほど怖くないと思われます。



十二国記シリーズでの時系列で考えるとシリーズ6作目の「黄昏の岸 暁の天」で起こった出来事を蓬莱(日本)側から描いたお話になります。上梓が十二国記本編よりも早かったという特異な経緯を持ち、出版社も当初は十二国記本編と異なったため小野不由美氏が手掛けた他のホラー作品と同系統として扱われていたようです。



あらすじ
10歳のころに神隠しに会った高里要は1年後その間の記憶をなくして現代社会へ戻ってきた。しかし戻ってきた彼はどこか以前とは雰囲気が異なり、やがて近づくものは祟られると噂されるようになり……。



現実世界に異物のように拒否される主人公と、そこに不思議なシンパシーを感じて近づく高校教師。本質が全く違うのでかみ合わない二人なのですが……個人的にここに出てくる異世界に拘泥する高校教師はアニメ版の「月の影 影の海」に出てくるオリジナルキャラクターとややかぶっている気がします。アニメ版ではこのお話も微妙に絡ませてストーリーが作られているので、原点はここにあるのかな、と感じました。



十二国記シリーズとして読むと、色んな辻褄があうので理屈はわかるのですが、ここに出てくる高校教師目線で感情移入して読むと、ちょっとゾクッときます。個人的にホラーが苦手なので、このお話は……読み返せません。

ニックネーム: 蒼子 投稿日:2012/10/24

罪のないお伽噺でも、いつかは切り捨てなきゃならないんだよ

ニックネーム: 3ki 投稿日:2012/08/10

あちらへの望郷

本編とは別に当たるエピソード0。
実はここの話を書いているときに(1991年9月)年表を作っていたのがもとになったという十二国記のシリーズ。以前の刊行では、挿絵はなかったが、今回完全版として、挿し絵が入れられることにもなった。
インタビューによると、割と肩の力が抜けた状態で書き始められているようだが、その後書き綴られた物語を見ると、この「魔性の子」一冊のために、どれだけきっちりとした世界を構築していたのか、ということが分かるはずだ。
映画のセットがまがい物とは分からないように、何か、偉大なものを背景として描かれるこの物語の、昼間の影が恐ろしくなるような、夏の暑さがヒヤリとするような恐怖は格別である。
このように、本書は針の穴のようなのぞき穴から向こうの世界を垣間見るような作りになっているため、他の巻と同様、世界観について、少し書いておきたい。


世界観について、その3
「蝕」。
この世とあちらが混ざる。「あちら」は「あの世」ではない。
自然に起こる蝕は、もの、植物を混ぜる。動物はわずか、人もごくわずか混じる。
十二国に流れ着いたものを海客、あるいは山客という。
あちらは日本のことを「蓬莱」と呼んでいる。
十二国で生まれる生き物の子どもは「卵」だ。木になる卵果。それを両親がもぐことで赤ん坊が誕生する。
卵果が蝕によって流され混じることもある。
そんな物語の国。


本編。
とある私立学校に教育実習生として戻ってきた広瀬は、クラスに奇妙な存在感を放つ少年を見つける。
高里という少年は、幼い頃、一年と少し神隠しに遭っていたという。
そのせいか、高里の周りには奇妙なことが起こる。
「高里に仇為すものは祟られる」と、噂が現実になり……。

止めどもない現実の奔流。因果関係の見極められない悪意か事故か。
周辺に現れる謎の女。
すべてが一点に集約される間に、広瀬の周りの世界は崩壊していく……。

どこにも救いはない。
自分は、どこかここではないところの人だという気がしていた。特別でありたいと望んでいた。
そうした感情と共に取り残される。
そう。
紛れもなく、お前はこの世のものなのだと。
悲しい目が、餞に語る。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
年末年始電子ストアギフト券キャンペーン!最高3,000円分ギフト券プレゼント中★
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

君たちはどう生きるか

吉野源三郎(著)


天涯無限 架空歴史ロマン

田中芳樹(著)


悲嘆の門 上巻

宮部みゆき(著)


ランキング一覧へ