pagetop

本 警官の血 上巻

ほしい!に追加 twitter
本-警官の血 上巻
著者: 佐々木譲 (著)
定価 ¥723(税込)
BOOKFANポイント: 33 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新潮社
シリーズ名 新潮文庫 さ-24-12
発行年月 2010年 01月
ISBNコード 9784101223223
版型 --
ページ数 474P
平均評価
(4)
: 1件
: 2件
: 3件
: 0件
: 0件
ブクレポ 3件

新刊お知らせ登録一覧へ »

警官の血 OFF
佐々木譲 OFF

内容紹介

昭和二十三年、警察官として歩みはじめた安城清二は、やがて谷中の天王寺駐在所に配属される。
人情味溢れる駐在だった。
だが五重の塔が火災に遭った夜、謎の死を遂げる。
その長男・安城民雄も父の跡を追うように警察学校へ。
だが卒業後、その血を見込まれ、過酷な任務を与えられる。
大学生として新左翼運動に潜りこめ、というのだ。
三代の警官の魂を描く、空前絶後の大河ミステリ。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

佐々木 譲
1950(昭和25)年、北海道生れ。札幌月寒高校卒。本田技研勤務を経てフリーに。’79年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。’90(平成2)年『エトロフ発緊急電』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。2002年『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
書籍一覧 > 警官の血

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: トグサ 投稿日:2011/09/26

祖父の清二、息子の民雄と最後に…

祖父の清二、息子の民雄と最後には、駐在所勤務を希望するのだが、交番と堂違うのが僕には、よく分からなかった。
駐在所とは、どうやら勤務する警察官の自宅でと一緒になっているようだったが。
3代に渡って警察官となり、それぞれ駐在警察官、公安(潜入捜査員)、監察と3通りの警察官の人生の様子を楽しむ事が出来ます。
>>続きを読む

ニックネーム: かりん 投稿日:2011/05/09

警官ものが好きな父にもらって読…

警官ものが好きな父にもらって読みました。 上巻は清二とその息子の民雄の物語。 立派すぎる父の清二に比べると、民雄の崩壊ぶりはとてもかわいそう。頑張れ、民雄!

ニックネーム: michi 投稿日:2010/08/28

■感想■ 上巻を読んだとき…

■感想■

上巻を読んだときにはサスペンスだと思っていたのですが
最後まで読み終えて、
戦中、そして敗戦後も生き抜くために
人々が抱えてきた闇のようなものが
描かれていたのだなぁと思いました。

3代に渡って警察官となった安城家の男達。
清二、民雄、和也、それぞれが扱う仕事が
なにより時代の変化を語っていて、… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


すえずえ

畠中恵(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ