pagetop

本 司馬遼太郎が考えたこと 15

ほしい!に追加 twitter
本-司馬遼太郎が考えたこと 15
著者: 司馬遼太郎 (著)
定価 ¥810(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新潮社
シリーズ名 新潮文庫 し-9-57
発行年月 2006年 02月
ISBNコード 9784101152578
版型 --
ページ数 528P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

司馬遼太郎が考えたこと OFF
司馬遼太郎 OFF

内容紹介

’95年1月、阪神・淡路大震災、3月には地下鉄サリン事件と大惨事が続く。
司馬遼太郎は『街道をゆく』『この国のかたち』『風塵抄』の連載なかばにして、’96年2月12日夜、腹部大動脈瘤破裂のため急逝した。
享年72。
この巻は、被災者を励ます「世界にただ一つの神戸」、小説家になった動機を明かす「なぜ小説を書くか」「二十二歳の自分への手紙」など、絶筆までのエッセイ95篇を収録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

つたなき五官/変える・変えないの話―モンゴル素描/草原の暮らしよさ―モンゴル素描/“少数”というおもしろさ―モンゴル素描/馬上の精神―モンゴル素描/あとは羊で―モンゴル素描/カン・ジェオン(姜在彦)『現代日本朝日人物事典』/私事のみを(谷沢永一著『完本 読書人の壷中』)/文庫版のために(『韃靼疾風録』)/あざやかな印象〔ほか〕

著者情報

司馬 遼太郎
1923‐1996。大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を一新する話題作を続々と発表。’66年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。’93(平成5)年には文化勲章を受章。“司馬史観”とよばれる自在で明晰な歴史の見方が絶大な信頼をあつめるなか、’71年開始の『街道をゆく』などの連載半ばにして急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ