pagetop

本 それから

ほしい!に追加 twitter
本-それから
著者: 夏目漱石 (著)
定価 ¥496(税込)
BOOKFANポイント: 23 pt
or
Tポイント: 13 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新潮社
シリーズ名
新潮文庫 な-1-5
発行年月
2010年 08月
ISBNコード
9784101010052
版型
--
ページ数
361P
平均評価
(4)
: 1件
: 1件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

夏目漱石 OFF

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: マーブル 投稿日:2017/02/22

赤く燃える現実世界

現代の社会は孤立した人間の集合体に過ぎない。

そんな考えを持つ主人公は、一見あの三四郎の「それから」なのか疑問を抱きながら読み進む。


現実と、世間と、まともに接触するのが億劫でいつも距離を置いている。
抗う訳でもなく、敢えて流される訳でもなく。


働きもせず、親の金で生き、それでも卑屈にもならずに、自分の理屈を世間から離れてこねくり回す。
今ならニートと言うんだろう。積み上げる理屈は、思いの外現代的で、このまま現代劇としても通用する印象だ。


三四郎の純粋さ、危うさはまったく感じられない。

けれど、進むにつれ、主人公の心の奥が見えてくる。
彼にも、友人のために涙する事を厭わぬ頃があった。
それが正しいと信じ、自然の心を封じ込める頃が。


「それから」数年、彼は変わったようだ。


物語の後半、突然に自分の心に従うことを決意するのだが、
これまで敢えて避けてきた現実に向き合うには、あまりにも無計画で、幼くて、無防備で、読み進むのがためらわれる。


何やってんだ。うまくいくわけないだろう。


漱石は理屈が勝っている。谷崎ならこんな展開では済まなそうだ。
でも、そこが好きなように思える。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

呉座勇一(著)


奪還の日

堂場瞬一(著)


ランキング一覧へ