pagetop

本 信楽古壷大成

ほしい!に追加 twitter
本-信楽古壷大成
著者: MIHOMUSEUM (編)
藤森武 (写真)
定価 ¥46,440(税込)
BOOKFANポイント: 430 pt
or
Tポイント: 430 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
小学館
発行年月
1999年 11月
ISBNコード
9784096997116
版型
364mm×257mm
ページ数
269P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

MIHOMUSEUM OFF
藤森武 OFF

内容紹介

日本人の美意識の原点ともいえる信楽の古壺を初めて集大成した待望の書

信楽焼は日本を代表する窯場として知られている。特に中世に作られた壺は「信楽小壺」として日本人の美意識の原点とも言われている。そこ 信楽焼は日本を代表する窯場として知られている。特に中世に作られた壺は「信楽古壺」として日本人の美意識の原点とも言われている。そこにはまさに土と火の挌闘と言うべき、千変万化の魅力があふれている。そうした名品を海外からを混えて集大成したのが本書である。写真家藤森武のその真髄に迫る撮影、棋界の研究者による解説。さらに200点を越える掲載作品の詳細なデーター等まさに決定版とよぶにふさわしい充実した内容となっている。こうした信楽の古壺の魅力については、日本を代表する写真家で、自らも作品集を刊行した土門拳の言葉がもっとそれを伝えている。「今のぼくは、日本のやきものの中で、信楽の壺ほど魅力のある、そしておもしろいものはないと思うようになっている。」「日本のやきものの中で、恐らく世界のやきものの中でも、信楽大壺ほど土と火との挌闘の跡をとどめているやきものはないであろう。」(「わが信楽」より) 日本を代表するやきものである信楽の中で、最も魅力的なのは中世に作られその後忽然と姿を消した「大壺」である。それは世界に類を見ない「土と火の挌闘の跡」だからである。本書はそうした「古壺」200点以上集成した初の出版である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ