pagetop

本 入江泰吉万葉花さんぽ

ほしい!に追加 twitter
本-入江泰吉万葉花さんぽ
著者: 入江泰吉 (著)
中西進 (著)
定価 ¥905(税込)
BOOKFANポイント: 41 pt
or
Tポイント: 25 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 小学館
シリーズ名 小学館文庫 Visual series
発行年月 2003年 05月
ISBNコード 9784094114836
版型 --
ページ数 220P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

入江泰吉 OFF
中西進 OFF

内容紹介

大和の花と風景を愛した写真家・入江泰吉と、万葉集の権威・中西進。
両者の世界が共鳴して生まれた万葉の花をめぐる新たな魅力。
奈良大和を愛し、半世紀近く撮り続けた入江泰吉は、『万葉集』を学ぶことで古代の人人と花との深い関わりを知り、その美しさを再発見して「花は究極の美」と考えるようになった。
以来、晩年まで大和の山野を隅々まで歩き回り、楚々と咲く万葉の花を撮り続けたのである。
彼がファインダー越しに捉えようとした万葉びとの心に、日本文化の碩学・中西進のエッセイで迫る写文集。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

萌え出づる春(春の訪れ/馬酔木の大和/春の花―梅と桜/斑鳩の春/水と女)/夏野ゆく(夏の花/紫草/剣の池の蓮葉)/入江泰吉エッセイ(万葉の花を訪ねて/万葉大和路)/秋立ちぬ(萩のふるさと/高円の秋/秋の花/もみじ)/冬ごもり(冬の花/吉隠陵/つらつら椿/春のあし音)/花のいのちを捉える入江作品

著者情報

中西 進
1929年東京都生まれ。東京大学大学院修了。国文学者。現在帝塚山学院長、奈良県立万葉文化館館長。万葉集など古代文学の比較研究を中心に、幅広く日本文化・日本文学の研究、評論活動を手がける
入江 泰吉
1905~1992年。奈良生まれ。大阪で写真店を開くが、戦災で焼失。失意の中で眼にしたふるさとの風景と仏像に感銘をうけ、以来50年近くの年月ひたすら大和路を撮り続けた

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ