pagetop

本 万寿子さんの庭

ほしい!に追加 twitter
本-万寿子さんの庭
著者: 黒野伸一 (著)
定価 ¥668(税込)
BOOKFANポイント: 30 pt
or
Tポイント: 18 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
小学館
シリーズ名
小学館文庫 く6-3
発行年月
2009年 10月
ISBNコード
9784094084399
版型
--
ページ数
349P
平均評価
(3.5)
: 0件
: 2件
: 2件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

黒野伸一 OFF

内容紹介

「あなたがお隣に引っ越してきてから、わたしの人生はまた乙女時代に戻ったかのような活況を取り戻しました」竹内京子、二十歳。
右目の斜視にコンプレックスを抱く彼女が、就職を機に引っ越した先で、変わり者のおばあさん、杉田万寿子に出逢った。
万寿子からさまざまないやがらせを受け、怒り心頭の京子。
しかし、このおかしなやりとりを通じて、意外にも二人の間に、友情ともいうべき感情が流れ始めるのだった。
半世紀の年齢差を超えた友情が、互いの人生に影響を与えていく様を温かな筆致で描く感涙の物語。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

黒野 伸一
1959年、神奈川県生まれ。『坂本ミキ、14歳。』(文庫化にあたり『ア・ハッピーファミリー』を改題)で第一回きらら文学賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: こたろう 投稿日:2011/04/08

二十歳の京子が引っ越したアパー…

二十歳の京子が引っ越したアパートのお隣にすむ万寿子おばあさん。少し変わり者で、嫌がらせを受けたりしますがだんだん打ち解けて、民生委員が入っていけない心の奥まで入り込み、年齢差を感じさせない友情を築き上げていく。徐々に年老いてボケが進みだす万寿子を看病し、対等につきあう京子。最後は万寿子は亡くなってしまいますが、京子の心に残るものがあったように思います。このような形の老人と若者の触れ合いの物語は初めてでした。温かでさわやかな読後感でした。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

呉座勇一(著)


奪還の日

堂場瞬一(著)


ランキング一覧へ