pagetop

本 始祖鳥記

ほしい!に追加 twitter
本-始祖鳥記
著者: 飯嶋和一 (著)
定価 ¥750(税込)
BOOKFANポイント: 34 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 小学館
シリーズ名 小学館文庫
発行年月 2002年 12月
ISBNコード 9784094033113
版型 --
ページ数 509P
平均評価
(5)
: 2件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 3件

新刊お知らせ登録一覧へ »

飯嶋和一 OFF

内容紹介

空前の災厄続きに、人心が絶望に打ちひしがれた暗黒の江戸天明期、大空を飛ぶことに己のすべてを賭けた男がいた。
その“鳥人”幸吉の生きざまに人々は奮い立ち、腐りきった公儀の悪政に敢然と立ち向かった―。
ただ自らを貫くために空を飛び、飛ぶために生きた稀代の天才の一生を、綿密な考証をもとに鮮烈に描いた、これまた稀代の歴史巨編である。
数多くの新聞・雑誌で紹介され、最大級の評価と賛辞を集めた傑作中の傑作の文庫化。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

飯嶋 和一
1952年、山形県生まれ。1983年、『プロミスト・ランド』で小説現代新人賞受賞。88年、『汝ふたたび故郷へ帰れず』で文芸賞受賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: クロニスタ 投稿日:2013/07/03

キテレツ斎のモデルか?

安政6年(1859年) 山の峰から一里半(約6キロ)を大凧(グライダー)で飛んだ男がいた。リリエンタールのグライダーより32年も早い。しかしその快挙は賞讃されず、怪しげな術をつかう者として囚われの身に。そして死ぬまで座敷牢に閉じ込められ、しまいには狂ってしまった…

というのが「キテレツ大百科」の第1話に載っている「キテレツ斎… >>続きを読む

ニックネーム: ランピアン 投稿日:2012/01/09

〈幻〉を視る男

天才と呼ばれる人間がいる。彼らは日常生活の向こうに、この世界を超えた「何か」を視て、それを形にしようとした人々である。では、特に世に知られることもなく、黙々と仕事をし、結婚し子を生して、ただ年老いて死んでいく平凡な人々、彼らはそうした「何か」を視ることはないのだろうか。そんなことはあるまい。平凡な… >>続きを読む

ニックネーム: リリ 投稿日:2011/01/28

内容ですが、「備前屋幸吉」と…

内容ですが、
「備前屋幸吉」という江戸時代中期の天明期に実在した人物を軸にした物語。日本ではじめて空を飛んだとされる人物の生涯の物語。

第一印象からいうと、表紙が冴えません本だなと思いました。タイトルもいまいち。そして、小学館なのかと。受動的な道徳観。あまり手にとりたいと思わない表紙、装丁。しかも飯… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング