pagetop

本 誇りある沖縄へ

ほしい!に追加 twitter
本-誇りある沖縄へ
著者: 小林よしのり (編著)
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 50 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 小学館
シリーズ名 Clickシリーズ
発行年月 2008年 06月
ISBNコード 9784093877923
版型 --
ページ数 236P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小林よしのり OFF

内容紹介

基地、集団自決、少女暴行事件、メディアの同調圧力、平和教育…。
沖縄人との激論12時間!日本と沖縄を考える。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 沖縄のメディアと同調圧力(全国に拡大する沖縄マスコミの論調/小林よしのりを呼んで兄弟の縁が切れた ほか)/第2章 沖縄は国家の「被害者」か「当事者」か(ひめゆり学徒は「騙され学徒隊」でいいのか?/「日本軍無謬論」に拍手する保守オヤジ ほか)/第3章 沖縄は誰のものか(「琉球」に対する複雑な感情/琉球王府が離島に課した人頭税 ほか)/第4章 少女暴行事件と沖縄の「怒り」(「セカンドレイプ」のひと言で言論封殺/何でも米軍基地のせいにする左翼の論理 ほか)/第5章 『沖縄ノート』をいかに乗り越えるか(曽野綾子の事実認定を受け入れていた昔の左翼/大江健三郎を訴えたのは保守派の作戦? ほか)

著者情報

小林 よしのり
1953年福岡生まれ。漫画家。75年に「東大一直線」でデビュー。その後「おぼっちゃまくん」が大ブームとなり、ギャグ漫画に新風を巻き起こし、小学館漫画賞を受賞。現在は雑誌『SAPIO』で「ゴーマニズム宣言」を大反響連載中。また雑誌『わしズム』の責任編集長として言論・思想界に地殻変動を引き起こしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ