pagetop

本 ひいな

ほしい!に追加 twitter
本-ひいな
著者: いとうみく (作)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
小学館
発行年月
2017年 01月
ISBNコード
9784092897533
版型
--
ページ数
249P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

いとうみく OFF

内容紹介

小学校4年生の由良は、母親の長期出張の間、祖母の家に預けられることになる。
祖母が住むのは、季節がくると、町中がひな人形で飾られるおひな様の町だ。
女の子の幸せを願う“ひな祭り”に出会ったちょっと不思議な物語。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ひいな もくじ

駅舎の女雛──濃姫 6
人の子──由良 20
女の子選び──濃姫 35
桃花町──由良 45
春一番──濃姫 60
契り──由良 67
災厄──濃姫 84
母の人形──由良 93
昔の記憶──濃姫 108
祖父と母──由良 117
決意──濃姫 129
橘神社──由良 141
あやまち──濃姫 165
幻影──由良 172
掟──濃姫 198
ひな壇──由良 213
いとしきもの──濃姫 231
はじまり、そして──由良 240

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: こたろう 投稿日:2017/02/23

駅舎に飾られた古いお雛様の活躍!

節分が終わると次は「ひな祭り」とばかりお店にながれる音楽も飾り付けも変わるのですが、そんな雛祭り、もともとは平安の時代、紙で作った人形のひとかたを使った「ひいなあそび」がはやり、それが女の子の幸せを願う「ひな祭り」となったそうです。


ひな祭りが盛んなおかあさんの田舎にあずけられることになった由良。その町は使わなくなったひな人形を商店街があちこちに飾る習慣がありました。
そしてひなびた駅舎に飾られた年代物のひな壇の上で退屈して寝っ転がりおしりをかいているすこしばかり行儀のわるいお雛様、濃姫が人形側の主人公。
退屈でイタチなどに襲われる境遇をなげき、なにか功徳をつめばその功績で今の境遇から抜け出せるかもしれないと考え、なんととんできたハエに乗り移ってたまたまやってきていた由良に手をかすことにします。


由良は田舎にやってきておじいちゃんとおかあさんの仲がぎくしゃくしていることに気づきます。
むかし自分が産まれたころに何かあって気まずくなったようなのですが、それが自分の出征にかかわる事情からだとしって驚きます。
そしておじいちゃんとおかあさんの仲を修復すべく、また自分のアイデンティティを取り戻すために(そうは書いてありませんが)以前家で飾られていた、いまはお寺に納められているおかあさんの雛飾りを探し始めます。


由良という女の子が濃姫をうわまわるドジで不幸が降りかかる体質になっていて、どぶに落ちたりぶつかったりという不幸、痛みを濃姫が引き受けるばめんがコミカルに描かれています。


由良にぶんぶんとまつわりつき、やがて由良が気づき友情が芽生えていく濃姫と由良。
ハエというおよそお雛様とは似ても似つかない姿でとびまわるおっちょこちょいで頑張り屋で、ちょっと礼儀作法が姫らしくない個性が上手に描かれていて、最後は自らのひな壇にも災難がふりかかり、それまで助けてきたはずの由良に逆に助られ、という大人が気づかない子供と人形の秘密の活躍が活き活きと描かれいます。


男性では思いつかないような、それでいて勇ましいお雛様のものがたり。
表紙の絵の題字が紫色にひかる工夫がされていて、ちょっとあやしげでいい感じです。


ひな壇のよこにそっと飾ってもいいかもしれません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

絵本・児童書のランキング

ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎ

今泉忠明(監修)


続ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎ

今泉忠明(監修)


せつない動物図鑑

ブルック・バーカー(著)


ランキング一覧へ