pagetop

本 金魚屋古書店 8

ほしい!に追加 twitter
本-金魚屋古書店 8
著者: 芳崎せいむ (著)
定価 ¥606(税込)
BOOKFANポイント: 28 pt
or
Tポイント: 16 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
小学館
シリーズ名
IKKI COMIX
発行年月
2009年 02月
ISBNコード
9784091884398
版型
--
ページ数
202P
平均評価
(4)
: 0件
: 2件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

金魚屋古書店 OFF
芳崎せいむ OFF

この商品について

金魚屋古書店の地下に広がるダンジョンの秘密が、明らかに!?(『“フィールドD”の真実』)ほか、全7編収録

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ムーミン2号 投稿日:2016/01/24

華氏451度あるいはダンジョン事始め

いつものように、各話にでてくるマンガ作品を列挙&ストーリーの中心となる作品は太字で表記していこう。


第50話
・臼井儀人「クレヨンしんちゃん」
・秋元治「こちら葛飾亀有公園前派出所」
・サトウサンペイ「フジ三太郎」
・高橋留美子「らんま1/2」
・石ノ森章太郎「佐武と市捕物控」
・いがらしみきお「ぼのぼの」
第51話
・さいとう・たかを「ゴルゴ13」
・山田章博「百花庭園の悲劇」
第52話
・藤子・F・不二雄「ドラえもん」
第53話
・池田理代子「ベルサイユのバラ」
・手塚治虫「鉄腕アトム」
・横山隆一「フクちゃん」
・田河水泡「のらくろ二等兵」
・浦沢直樹「20世紀少年」
・ゆうきまさみ「鉄腕バーディー」「ぱろでぃわぁるど」
・つのだじろう 他「空手バカ一代」
第54話
・江口寿史「「エイジ」」
・ひうらさとる「ホタルのヒカリ」
第55話
・本宮ひろ志「男一匹ガキ大将」
・ちばてつや「ハリスの旋風」
・ジョージ秋山「銭ゲバ」
・松本零士「ガンフロンティア」
・手塚治虫「空気の底」
・つのだじろう「恐怖新聞」「うしろの百太郎」「忍者あわて丸」「發の罠」
・水木しげる「一番病」
・福本伸行「アカギ~闇に降り立った天使」
・能條純一「哭きの竜」
第56話
・黄玉郎「龍虎門」


面白いのは第50話で、漫画本の所有が禁じられた国で焚書隊=コミックバスターズが市民のマンガを取り上げ、焚書扱いにするためD4に持っていく、と言うSFチックな話だ。
まるで、レイ・ブラットベリの『華氏451度』じゃないか、と読み進むと、「漫画を面白いと思ったことがないなんて、かわいそうな人」とコミックバスターズに泣きながら訴える人も出てくる。
ところがそのD4というのは、実はマンガを保存しているところで、それが金魚屋地下のダンジョンだ、と5歳の菜月におじいちゃん(金魚屋古書店店主)がお話しているストーリーとなっている。
もちろん、5歳の菜月は「うそだあ~」と信じてはいない。


第51話はエクスリブリス、いわゆる蔵書票にまつわる話。
とは言え、蔵書票なんて実は初めて知った。ラテン語のEX libris=~の蔵書から が元なんだそうだが、ヨーロッパの愛書家の間では伝統的な習慣だとか・・・。まぁ、ワタシはやらないなぁ。


第52話はなかなか読ませるストーリーだ。
ある男性が結婚した相手は子連れ。しかもかなり年齢が上の男の子なのだが、うまくコミュニケーションがとれていない。そのコミュニケーションがとれるようになるきっかけを与えてくれたのが、『ドラえもん』というマンガ。
個人的には『ドラえもん』はコロコロコミックスの大きさが一番いいように思う。


第55話は麻雀マンガのお話。


上記に記したマンガは、登場人物たちが会話の中でタイトルを言うだけのものがほとんどだ。太字にした作品が、ストーリーと大きく関わっている。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

コミックのランキング

逃げるは恥だが役に立つシナリオブック 制作陣が明かすドラマの舞台裏話満載!

海野つなみ(原作)


特装版 宝石の国 7

市川春子(著)


ONE PIECE 巻85

尾田栄一郎(著)


ランキング一覧へ