pagetop

本 細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート 2017

ほしい!に追加 twitter
本-細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート 2017
著者: 細野真宏 (著)
定価 ¥540(税込)
BOOKFANポイント: 25 pt
or
Tポイント: 15 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
小学館
発行年月
2016年 10月
ISBNコード
9784091038777
版型
B5 (182×257mm)
ページ数
199P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

細野真宏 OFF

内容紹介

日本一売れている「1番やさしい家計簿!」

経済、教育、投資などのカリスマ講師による家計簿の最新版!

家計を節約する方向へ自然と導く細野式計算法や、書き込みスペースが潤沢でゆったりしたページレイアウトが好評で、「3日坊主の私でも続いた!」「手書きの習慣がつき、認知症予防にもなっている」などの声が続出。2010年版の初版以降、昨年まで7年連続で完売記録更新中です。

また、このノートをつけたかたは、1年間で平均14万7456円もの節約に成功しています(2016年版を使用した愛読者へのアンケート結果より)。

2017年版は、すっかりおなじみとなった2大付録「3つ折引き出し 年間収支一覧表」「レシートポケット」に加え、
毎月使える、カラフルな「週ごとしおり」も付いています。

また、大好評読み物「『節約力』を磨く金額コラム50」は最新情報にリニューアルしつつ、新規ネタも大幅追加しました。

さらに、書き下ろしの「知識ゼロからでもわかる」特別講義では、「景気や給料や物価は、本当はどういう状況なの?」と題したわかりやすい経済解説を掲載。

家計の黒字を増やしていく力「節約力」が自然と身につきます!

【編集担当からのおすすめ情報】
家計簿と無縁だと思っていた私(50代男性)ですが、この1冊を担当するにあたり、『家計ノート』をここ数か月つけてみて、気づくことがたくさんありました。

・金曜夜にコンビニで1500円以上使っていた (しかも、この夏は、その半分がアイス代だった)
・毎月第3土曜日に、1万円超飲んでいた
・洋服(シャツや下着など)を買うサイクルは3か月に1回だった
・ほぼ2か月に1回の割合で冠婚葬祭の出費があった
・6月に支払った車検代約20万円が(計算に入れていなかったので)結構イタかった

挙げればもっとありますが、『家計ノート』をつけることによって私は、自分の買い物グセや生活の流れ、大きな出費を要する時期などを知ることができました。自分のことなのでわかっていたつもりですが、ノートを見返してみるたびに、新たな”気づき”があるのが不思議でした。

そして、その中から要・不要を選り分けて、無駄な出費を削ることができるようになりました。
たとえば、「アイスクリームの買い込みすぎ」は無駄(食べきらないのに、また買い足していることが多かった)、
「第3土曜日の飲み代1万円超」は必要(そのサイクルで旧友と会って、いい気分転換になっているから)、と判断しました。

とかく、お金は貯めるもの、出費を控え節約するものという考えや価値観が蔓延しているように思いますが、この『家計ノート』はひと味違います。

お金は使うためにあるもので、使うことによって日々の暮らしや人生を豊かにするためのもの。
「〇〇するために〇〇円を貯める」と目標をたてて節約するのは有効だけど、目的もなくただただお金を貯めるのはむなしい。
人生をより楽しく有意義なものにするためにお金はある。そのお金を適切に管理するために家計簿はある。『家計ノート』はそんなことを教えてくれます。

私はまだビギナーですが、『家計ノート』愛読者はがきにご自分の体験や感想を書いて送り返してくださったかたの中には、見習いたいかたがたくさんいらっしゃいました。

「無駄なお金を節約し、計画的に貯められるようになった」
「先が見通せるようになり、不安が解消できました」
「年金生活を機につけ始めたが、新しい生活の収支や傾向がわかった」
「大げさかもしれませんが、人生が変わった」
「書く内容が細かくなく、ザックリしているので、3日坊主の私でも続きました」
「5年間つけ続けています。夜寝る前、ちょっと時間があるときに、数年前のを見返すと、そのときの思い出に浸れ、とても楽しいです。
『家計ノート』は”わが家の歴史書”です」
「歳をとって目が悪くなりました。この本は書く欄が細かくないので、やさしいです」
「手で何かを書くことが減っているなか、この家計簿を毎日つけることで、
字を書いたり、計算することができます。認知症予防になっています」

数々のご意見やご感想は、示唆に富んだ、実に内容の濃いものでした。
(全589通、細野先生や関係スタッフでじっくり読ませていただきました。誠にありがとうございました!)
今年の『2017』版は、そうしたご意見をできる限り反映して、作成いたしました。『家計ノート』をお手にとっていただきましたすべての皆様にとりまして、この1冊がお役に立てますよう、心よりお祈り申し上げます。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ