pagetop

本 蝶のゆくえ

ほしい!に追加 twitter
本-蝶のゆくえ
著者: 橋本治 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
集英社
発行年月
2004年 11月
ISBNコード
9784087747171
版型
--
ページ数
251P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

橋本治 OFF

内容紹介

母親の美加が18歳の時に産んだ子。
美加の再婚とともに新しい父親と暮らすが、親として未熟な二人に虐待され死亡。
―孝太郎(7歳・小学生)「ふらんだーすの犬」。
「男の26は若くて、どうして女の26は若くないんだ」二度も二股かけられた男に呼び出され性懲りもなくまた会ってしまう。
―晶菜(26歳・OL)「ごはん」。
「私お母さんが大好きなの」いきなり夏子に告白されとまどう。
女の19歳は問題が多い。
―アオイ(19歳・短大生)「ほおずき」。
深夜コンビニにたむろっている若い男たちに注意したことがきっかけで暴行を受け、夫が死んだ。
殺された。
定年退職した直後に。
―静子(58歳・主婦)「浅茅が宿」。
夫の仕事がうまく行かなくなったのを契機に夫の実家で暮らし始めたが、大学教授の舅と姑との暮らしは耐えがたいものがあった。
―加穂子(37歳・主婦)「金魚」。
毎年白菜漬を送ってくる母親が怪我をした。
久々に故郷に帰り同窓生に会う。
―孝子(57歳・主婦)「白菜」。
最新小説集。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

橋本 治
1948年東京生まれ。東京大学文学部国文科卒。1977年「桃尻娘」で講談社小説現代新人賞佳作入選。以後、小説・評論・古典の現代語訳・エッセイなど、あらゆるジャンルにおいて執筆活動を行う。2002年に『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞受賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

とるとだす

畠中恵(著)


ホイッパーウィル川の伝説

キャシー・アッペルト(著)


月が導く異世界道中 12

あずみ圭(著)


ランキング一覧へ