pagetop

本 氷姫 エリカ&パトリック事件簿

ほしい!に追加 twitter
本-氷姫 エリカ&パトリック事件簿
著者: カミラ・レックバリ (著)
原邦史朗 (訳)
定価 ¥982(税込)
BOOKFANポイント: 45 pt
or
Tポイント: 27 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
集英社
シリーズ名
集英社文庫 レ9-1
発行年月
2009年 08月
ISBNコード
9784087605846
版型
--
ページ数
582P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

カミラ・レックバリ OFF
原邦史朗 OFF

内容紹介

海辺の古い邸で凍った美しい女の全裸死体が見つかり、小さな町を震撼させた。
被害者が少女時代の親友でもあった作家エリカは、幼馴染の刑事パトリックと共に捜査に関わることに。
20年以上疎遠だった親友の半生を辿ると、恐るべき素顔が覗く。
画家、漁師、富豪…町の複雑な人間模様と風土に封印された衝撃の過去が次々明らかになり、更に驚愕の…。
戦慄と哀歓。
北欧ミステリの新星、登場。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: 文庫屋 投稿日:2015/09/01

いったいどれだけの人生が狂わされたんだろう。

エリカ&パトリックシリーズの1作目です。


スウェーデンの人名に慣れていないので、
どうかなと思いながら読んだら、大丈夫でした。
以前読んだ別のシリーズでは、
結構な主要人物なのに混同したりして・・・。
割と短めだったりシンプルだったりな名前が良かったのか、
私自身がそれでも大分慣れたからなのかは分かりませんが。
それと、作者はこれがデビュー作だそうですが、
読み易いし、読み進めるうちにぐいぐい引き込まれるのですごいです。
きっと翻訳者の力も大きいのでしょうね。


当初想像していたように、
親友を殺された憎しみに駆られて犯人探しというのではなく、
一度故郷を離れていた主人公が、
伝記作家として一歩引きながら親友の人物像を探るというものでした。
昔の知り合いとの交流や徐々に思い出される少女時代の記憶などから、
よそ者という立場から過去の繋がりを取り戻していく姿も描かれています。
ひとつの元凶と立場の違う大人達の思惑で、
いったいどれだけの人生が狂わされたんだろうと、
遣り切れない想いのする話でもありました。


やはり北欧ミステリーだなと感じるのは、地形や気候の描写です。
長々と説明されている訳ではないですが、
人物たちの行動範囲にみられる風景描写がいちいち新鮮です。
そういえば旅行に行きたいんだったと再認識してしまいました。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ