pagetop

本 肩ごしの恋人

ほしい!に追加 twitter
本-肩ごしの恋人
著者: 唯川恵 (著)
定価 ¥648(税込)
BOOKFANポイント: 30 pt
or
Tポイント: 18 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
集英社
シリーズ名
集英社文庫
発行年月
2004年 10月
ISBNコード
9784087477443
版型
--
ページ数
331P
平均評価
(4)
: 1件
: 4件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
3件

新刊お知らせ登録一覧へ »

唯川恵 OFF

内容紹介

欲しいものは欲しい、結婚3回目、自称鮫科の女「るり子」。
仕事も恋にものめりこめないクールな理屈や「萌」。
性格も考え方も正反対だけど二人は親友同士、幼なじみの27歳。
この対照的な二人が恋と友情を通してそれぞれに模索する“幸せ”のかたちとは―。
女の本音と日常をリアルに写して痛快、貪欲にひたむきに生きる姿が爽快。
圧倒的な共感を集めた直木賞受賞作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

唯川 恵
1955年金沢市生まれ。金沢短期大学情報処理学科卒。銀行勤務を経て84年「海色の午後」でコバルト・ノベル大賞受賞。以後、恋愛小説やエッセイを発表し、02年「肩ごしの恋人」で第一二六回直木賞受賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: hi2515 投稿日:2016/08/30

気になっていた作品

『ソウルメイト』を書かれた馳星周さんがおっしゃられていたのですが、軽井沢に住み始められた先輩であり、姉貴的な存在感をうかがわせる唯川さんを暫く読んでいないなあと気にかけていた一冊です。


直木賞を受賞なさっており、頁数も手頃です。


サクサクと音がする位に、読み易く、女性ならではの視点が絶妙です。


女であることを最大の武器に生きる「るり子」と対照的に恋にのめる事が怖く、社会人として出来る女を生きる「萌」は、5歳からの幼馴染で付かず離れずの付き合いをしています。


二人の対照感と、長年培ったお互いの性格を知り尽くしている気安さもある感じがします。


こんな友人がいたら、飽きないだろうなあと思う反面、3度の結婚式の出席は勘弁させてもらいたいけれど(苦笑)


必死に生きることを模索する萌に対し、直観と感性で生きるるり子には、幸福の奥深さや妙味を味わえる事が出来ます。


家出をしてきた15歳の崇といついてしまったるり子の3人の共同生活も興味深く、るり子の3度目の離婚とその行方は、何とるり子がゲイを好きになり、それまでは取れるものは何でも取る主義だったるり子の姿勢の変わりようも面白い。


やけになったるり子が、崇に「ねえ、抱いてよ」と迫り、「抱けないけれど、抱きしめることなら出来るよ」の会話は、人の温もりを感じ、家庭の事情で家出をして来た崇の成長を感じる事が出来る。


28歳にもなり、美貌を売り物に企業の秘書や受付を転々とし、結婚相手を捜しまわっていたるり子が独り立ちしようとした職業探しの現実は、青果市場の在庫調べのみで、彼女にも現実は感じ始めるのですが、めげない女性です。そして、ある意味なんとも逞しく、自分の心に嘘をつかない生き方が潔い。


萌の妊娠と言う驚きの結末は、益々二人の友情を深めますが、どんな子育てをするのやらとちょっぴり心配でもあります。


解説で、江國香織さんがおっしゃっておりましたが、梨の様なみずみずしさを感じる唯川さん筆力を感じさせてくれる一冊でした。

ニックネーム: シャワ 投稿日:2013/04/21

「女」についての小説

恋愛一直線の「るり子」とクールで恋にのめりこめない「萌」の二人が主人公のお話です。

3回もの結婚をして、「女」を最大限に利用して生きる「るり子」
理屈っぽくて、女として社会で生きにくそうな「萌」
二人が対照的で、いかにも「女」っぽくてとても面白かったです。

るり子の自己中で、女として自信満々な痛快さも良かったし、萌の社会で上手に立ち回れないもどかしさも共感できました。

作中に、『どうしてもたった1本のバラが欲しくて、花屋の店員と寝た女についてどう思うか』やりとりするシーンがあります。

これに対する答えが、如何に女が「女」であるか凄く上手く表現されており、思わず笑ってしまいました。

女って楽しいなぁと改めて思った1冊です。

ニックネーム: 修子 投稿日:2010/02/12

「萌」と「るり子」対照的なんだ…

「萌」と「るり子」対照的なんだけど、どっちも「女」の部分では誰にでも思い当たる節があるのかも。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


君の膵臓をたべたい

住野よる(著)


捨てられる銀行 2

橋本卓典(著)


ランキング一覧へ