pagetop

本 絵はがきにされた少年

ほしい!に追加 twitter
本-絵はがきにされた少年
著者: 藤原章生 (著)
定価 ¥648(税込)
BOOKFANポイント: 30 pt
or
Tポイント: 18 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 集英社
シリーズ名 集英社文庫 ふ27-1
発行年月 2010年 08月
ISBNコード 9784087466072
版型 --
ページ数 267P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

藤原章生 OFF

内容紹介

ハゲワシの前方にうずくまる少女の写真でピュリッツァー賞を受賞したカメラマンの、語られない自殺の背景とは?11歳の頃の自分が写っている写真が、絵はがきとして売られているのを雑貨店で見つけた教師は…。
南アフリカ共和国、ルワンダ、アンゴラをはじめ、南部アフリカを自ら歩き、そこに息づく声を拾いながらオムニバス形式で綴る。
第3回開高健ノンフィクション賞受賞作、注目の文庫化。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 奇妙な国へようこそ(あるカメラマンの死/どうして僕たち歩いてるの/嘘と謝罪と、たったひとりの物語/何かを所有するリスク)/第2部 語られない言葉(絵はがきにされた少年/老鉱夫の勲章/混血とダイヤモンド/語らない人、語られない歴史)/第3部 砂のよう、風のように(ゲバラが植えつけた種/「お前は自分のことしか考えていない」:/ガブリエル老の孤独)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: sasha 投稿日:2012/06/19

偏見をかなぐり捨てろ

大自然と野生動物に囲まれた雄大な大地。そして、それと対を
なすように語られる貧困と支援。アフリカ以外の国の人たちが
思い浮かべる典型的なアフリカのイメージ。

だが、それだけでアフリカを語っていいのだろうかという問題提起が
なされている。

先進国が考える援助が、本当にアフリカの為になっているのか。
現地… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング