pagetop

本 私が愛した映画たち

ほしい!に追加 twitter
本-私が愛した映画たち
著者: 吉永小百合 (著)
定価 ¥820(税込)
BOOKFANポイント: 7 pt
or
Tポイント: 7 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
集英社
シリーズ名
集英社新書 0922
発行年月
2018年 02月
ISBNコード
9784087210224
版型
新書
ページ数
253P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉永小百合 OFF

内容紹介

一九五九年、『朝を呼ぶ口笛』で銀幕デビューして以来、日本映画の最前線を走り続ける大女優・吉永小百合。
二〇一八年三月公開の『北の桜守』で、出演作は実に一二〇本を数える。
本書は、その中から、特に印象深い作品を自選し語り尽くした、記念碑的な一冊である。
役者は経験より観察力だと実感した『キューポラのある街』、声が出ない危機のさなかに出演した『男はつらいよ』、一番せりふが多くて難しい役だった『母と暮せば』―。
目を閉じれば、今もなお、愛すべき映画人たちの素顔や、これまで語ることのなかったエピソードが次々に蘇ってくる。
映画と演技へのひたむきな思いが全編に溢れる、感動のメモワール。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

家計支えた子役時代―ラジオドラマから銀幕へ 『朝を呼ぶ口笛』/ひたむきで健気なヒロイン―浦山桐郎監督との出会い 『キューポラのある街』/役を演じるのではなく、「ミコ」になりきった―原作に感動、自ら映画化を希望 『愛と死をみつめて』/広島の若く悲しい恋人たちの物語―核なき平和な世界願う原点に 『愛と死の記録』/声が出ない危機のさなかに出演―今も大事な渥美清さんの言葉 『男はつらいよ』/高倉健さんと初共演―再び映画への情熱がよみがえる 『動乱』/被爆のヒロイン演じたテレビの人気シリーズ―自ら決断し、映画で幕引き 『夢千代日記』/巨匠の魔法にかけられる―一九八〇年代に四本の市川崑作品に出演 『細雪』/松田優作さんと、同志のように寄り添えた―深作欣二監督作品で与謝野晶子役 『華の乱』/日本の美意識、映像に残す―坂東玉三郎監督の二作品 『外科室』『夢の女』/練り上げた“北の三部作”―円熟期迎え企画段階から参加 『北の零年』『北のカナリアたち』『北の桜守』/山田洋次監督との再会―平和への思いを次世代につなぐ 『母と暮せば』

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ