pagetop

本 男はなぜ化粧をしたがるのか

ほしい!に追加 twitter
本-男はなぜ化粧をしたがるのか
著者: 前田和男 (著)
定価 ¥734(税込)
BOOKFANポイント: 34 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 集英社
シリーズ名 集英社新書 0524
発行年月 2009年 12月
ISBNコード 9784087205244
版型 --
ページ数 186P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

前田和男 OFF

内容紹介

化粧など、一過性の流行、風俗とみる向きもあるが、ことが男のということになると、俄然、歴史にかかわる重大事にもなってくる。
歴史は教科書に載るほどの出来事の積み重ねだけではなく、美顔術、毛髪の手入れの変遷といった細部にも宿っている。
古墳時代から奈良、平安の王朝時代、さらに武家の台頭、戦国時代を経て江戸、明治、大正、昭和、そして現代へと続く時間の中で、男の化粧はどのような意味と価値をもっていたのか。
本書は時代時代の史料を基に、忘れられた史実を描いてみせる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 真実は「細部」に宿る(ポマードの盛衰が「時代」を語る!?/甲子園球児の眉ケアから「未来」が読める ほか)/第1章 男の美顔は「権力交代」の証言者(男の「赤化粧」といれずみが語る大和政権の成立事情/男も白粉、眉化粧―国風文化と平安時代 ほか)/第2章 男のヒゲは時代のモードの象徴(神話時代~上古―ヒゲは権威の象徴/国風文化と平安時代―ヒゲは嫌われ、男も化粧 ほか)/第3章 髪は男の命(戦国時代の画期的な発明品、月代/明治維新~「ちょんまげ」からざんぎり頭へ ほか)/第4章 遠くて近きは男女の化粧距離(化粧からみえる男と女の遠近法/男女の距離が遠くなる「戦時モード」 ほか)

著者情報

前田 和男
1947年東京生まれ。東京大学農学部卒業。日本読書新聞を経て、翻訳家、ノンフィクション作家。路上観察学会事務局。資生堂企業文化部「化粧文化研究会」会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ