pagetop

本 無の道を生きる-禅の辻説法

ほしい!に追加 twitter
本-無の道を生きる-禅の辻説法
著者: 有馬頼底 (著)
定価 ¥756(税込)
BOOKFANポイント: 35 pt
or
Tポイント: 21 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
集英社
シリーズ名
集英社新書 0459
発行年月
2008年 09月
ISBNコード
9784087204599
版型
--
ページ数
219P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

有馬頼底 OFF

内容紹介

人間本来無一物。
いちど死に切って楽になれ。
正真正銘の「正味」の生き方の真髄を異色の名僧が語る。
京都仏教会を束ね、物言う禅僧として世界レベルで行動し、伊藤若冲の「動植綵絵」展などを催した承天閣美術館の館長としても名高い著者が、その数奇な人生の中で禅の心と共に培ってきた正味の生き方。
そこには、現代の迷う心を解き放つ知恵が満ちている。
覚えておきたい禅語・仏教用語解説つき。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 禅って、なんやろ?(そもそも禅とは?/体験こそが、唯一の禅の道 ほか)/第2章 人を育てる(何よりもつらかった孤独/人の上に立つ人間は、人々のために全力を尽くす責務がある ほか)/第3章 人を動かす(「やり方」さえ知っていれば、ものごとはおのずから動く/黙って成り行きを見つめていれば、落としどころは見えてくる ほか)/第4章 文化を育てる(花街は京都が誇るべき文化である/何百年先の未来に、この文化を残すためにすべきこと ほか)/第5章 生きること、死ぬこと(臘八大接心の苦行を乗り越えると、まったく新しい世界が開ける/乗り越える醍醐味は、一度知るとやみつきになる ほか)

著者情報

有馬 頼底
1933年東京生まれ。臨済宗相国寺派七代管長。大本山相国寺・鹿苑寺金閣・慈照寺銀閣住職。京都仏教会理事長。八歳で大分県岳林寺に入門、55年京都臨済宗相国寺僧堂入門。久留米藩主有馬家の子孫(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


火花

又吉直樹(著)


キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!

田村潤(著)


ランキング一覧へ