pagetop

本 脚本家・橋本忍の世界

ほしい!に追加 twitter
本-脚本家・橋本忍の世界
著者: 村井淳志 (著)
定価 ¥712(税込)
BOOKFANポイント: 33 pt
or
Tポイント: 19 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 集英社
シリーズ名 集英社新書 0305
発行年月 2005年 08月
ISBNコード 9784087203059
版型 --
ページ数 189P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

村井淳志 OFF

内容紹介

戦後日本でもっとも偉大な脚本家は誰かと問われたとき、それが橋本忍であると断言しても異論はないだろう。
『七人の侍』、『羅生門』、『真昼の暗黒』、『私は貝になりたい』、『切腹』、『白い巨塔』、『日本のいちばん長い日』、『八甲田山』、『砂の器』…、本書が取り上げたこれらの作品は、映画史に燦然と輝く傑作であると同時に、その上映自体がある種の社会的事件でもあった。
橋本忍本人へのインタビューをふんだんに盛り込みながら、当時の社会や人々の意識に大きなインパクトを与えた作品群の魅力に迫る、映画ファン必携の一冊。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 橋本忍に魅せられて/第1章 『七人の侍』は誰が書いたのか/第2章 『羅生門』、ベネチアでグランプリ受賞/第3章 『真昼の暗黒』、冤罪青年を救う/第4章 BC級「戦犯」問題の代名詞『私は貝になりたい』/第5章 『切腹』、強大な権力に単身挑む/第6章 大学病院の異名となった『白い巨塔』/第7章 終戦の実相をもっともリアルに描いた『日本のいちばん長い日』/第8章 雪中行軍の明暗、鮮やかに描いた『八甲田山』/第9章 『砂の器』、殺人事件の背景にハンセン病の悲劇

著者情報

村井 淳志
1958年生まれ。名古屋市出身。東京都立大学大学院博士課程(教育学)単位取得退学。金沢大学教育学部教授。専門は社会科教育論

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ