pagetop

本 プルーストを読む 『失われた時を求めて』の世界

ほしい!に追加 twitter
本-プルーストを読む 『失われた時を求めて』の世界
著者: 鈴木道彦 (著)
定価 ¥799(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 集英社
シリーズ名 集英社新書 0175
発行年月 2002年 12月
ISBNコード 9784087201758
版型 --
ページ数 247P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鈴木道彦 OFF

内容紹介

プルーストは二十世紀西欧を代表する作家で、世界の文学に絶大な影響を与えた。
フランスでは彼を読まずに文学に志す人はいないと言っていいほどで、その評価は時代とともにますます高まってきている。
十九世紀末から「ベル・エポック」にかけての社会を華やかに描き上げた作家であるとともに、現代文学の先駆者でもある。
彼の扱った意識や夢、記憶、愛、スノビズム、ユダヤ人、同性愛、文学の意義などは、今日の問題であり続けている。
本書は、大作『失われた時を求めて』の個人全訳を完成した著者が、重要なテーマをスケッチしながら作品を紹介・解説する、贅沢な入門書。
密度が濃く、大部な作品を堪能した充実感で、入門者も研究者も満足できる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

はじめに 私はどんなふうに『失われた時を求めて』を読んできたか/第1章 プルーストの位置/第2章 虚構の自伝/第3章 初めにコンブレーありき/第4章 憧れのゲルマント公爵夫人または想像力と知覚/第5章 フォーブール・サン=ジェルマン/第6章 社交界とスノブたち/第7章 スワンまたは世紀末のユダヤ人/第8章 シャルリュス男爵または孤高の倒錯者/第9章 アルベルチーヌまたは不可能な愛/第10章 芸術の創造と魂の交流/終章 読書について

著者情報

鈴木 道彦
1929年、東京生まれ。東京大学文学部仏文学科卒業。一橋大学教授、独協大学教授を経て、独協大学名誉教授。『プルースト論考』(筑摩書房)『異郷の季節』(みすず書房)など著書訳書多数。プルースト研究では国際的にも知られる。『失われた時を求めて』(全十三巻、集英社)の訳業で2001年度の日本翻訳文化賞と読売文学賞を受賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
Yahoo!ウォレット利用開始記念 Tポイント・今だけ最大5%!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

海賊王と開かずの《門》

茅田砂胡(著)


中学生からの作文技術

本多勝一(著)


小説君の名は。

新海誠(著)


ランキング一覧へ