pagetop

本 「日出づる処の天子」は謀略か 東アジアと聖徳太子

ほしい!に追加 twitter
本-「日出づる処の天子」は謀略か 東アジアと聖徳太子
著者: 黒岩重吾 (著)
定価 ¥691(税込)
BOOKFANポイント: 32 pt
or
Tポイント: 19 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 集英社
シリーズ名 集英社新書 0017
発行年月 2000年 02月
ISBNコード 9784087200171
版型 --
ページ数 190P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

黒岩重吾 OFF

内容紹介

古代国家の創始期。
六世紀から七世紀にかけての日本(倭)は文化的にも政治的にも、大きな動乱期を迎えていた。
朝鮮半島から、仏教をはじめさまざまな文化が伝来し飛鳥文化が花開こうとしていた。
574年に生まれた厩戸皇子(聖徳太子)は幼少からその聡明を知られ、593年には推古天皇の摂政として政治に参画するのだが…。
東アジアの中の日本という視点から、太子の生きた時代のダイナミズムを捉える歴史考察。
作家だからこそ書けた歴史のはざまの真実像。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 聖得太子の血統と人間像―母と推古女帝の確執(さまざまな名を持つ皇子/「厩戸」の由来/歴史を動かすのは人間である ほか)/第2章 東アジアの情報戦争と倭国―対隋外交の意味と結果(東アジアの中の日本/四世紀の朝鮮半島/雄略の上表文 ほか)/第3章 聖徳太子の勢力後退と推古・馬子の一体―文献と丸山古墳(太子の失脚/推古と馬子の歌/堅塩媛の改葬の真実 ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ