pagetop

本 ピアノの森 2

ほしい!に追加 twitter
本-ピアノの森   2
著者: 一色まこと (著)
定価 ¥555(税込)
BOOKFANポイント: 25 pt
or
Tポイント: 15 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
講談社
シリーズ名
モーニングKC
発行年月
2005年 04月
ISBNコード
9784063724301
版型
--
ページ数
--
平均評価
(4)
: 1件
: 2件
: 0件
: 1件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ピアノの森 OFF
一色まこと OFF
書籍一覧 > ピアノの森 (1~21巻)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ムーミン2号 投稿日:2014/02/09

カイ、ショパンと出逢う

ピアノの森第2巻

グレン・グールドという世紀のピアニストは、モーツァルトの天才性が最もよく表れているのはウィーンに来るより前の若い頃の作品だ、と言っていた。
この巻で、モーツァルトのピアノ・ソナタ K.280を修平がカイに弾いて聞かせ、楽譜と音とのつながりをカイが感覚的に理解してしまう重要なシーンがある。
このソナタについてはよく知らないのでちょっと調べてみると、第2番という番号が付いているのでわりと初期の(とは言えモーツァルト19歳の時の)作ということがわかる。
実は初めてになるのだが、聴いてみると軽やかな両端楽章に比べ、中間の第2楽章はマイナー・コードで後年のピアノ協奏曲を思い起こさせるようなメランコリックな雰囲気を湛えた旋律が印象深い。

この後で、その日は学校をサボっていたカイが学校の音楽室に行き、多くの作曲家の肖像画プリントの前で机に上がってさっきのモーツァルト K.280を口ずさみながらエアで弾いているところへ、阿字野というかつて天才ともてはやされたピアニストで、怪我を負ったため今はその学校の音楽講師をしている先生がやってきて、いろんな作曲家の有名な曲をカイに教えてくれる。
例えばベートーヴェンなら、交響曲の第5番の最初の「ジャジャジャジャーン」
メンデルスゾーンなら『真夏の夜の夢』から「結婚行進曲」
そしてショパン。作品64の1 変ニ長調「小犬のワルツ」…ここで初めてカイはショパンと出逢った。
最後の1ページまるごとショパンの画、の中でショパンは少し、笑いかけている。

ここに至るまでのストーリーは割愛しているのだが、阿字野先生が事故後に手放したピアノがカイの住む家のすぐ前の森に捨てられ、そのピアノをカイが弾き、その場で阿字野先生と会うとか、その前にはカイが変態大人からいたぶられそうになったりとかいうストーリーも展開されている。

さっきの音楽室でのシーンでカイは「何だよ 俺~~~クラシック いっぱい知ってんじゃねーか」と言うのだが、確かにその通りで、いろんな曲をどなたもあちこちで聞かれて知っているはずだ。ただ、それが誰のどういう曲か、というのに結び付ける必要はないわけで、ワタシのような音楽大好き人間などが秘かに(あれはベートーヴェン。あれはモーツァルト。へぇ、サティだ、○○だ)などと思って喜んでいるだけ。TVでもいろいろとよく使われていて、原曲を聴きたくなって通勤の際にカーステでかけたりしている。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

コミックのランキング

銀の匙 VOLUME14

荒川弘(著)


ONE PIECE 巻86

尾田栄一郎(著)


進撃の巨人 23

諫山創(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ