pagetop

本 21世紀版少年少女日本文学館 17

ほしい!に追加 twitter
本-21世紀版少年少女日本文学館 17
著者: 大岡昇平 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 講談社
シリーズ名 21世紀版 少年少女日本文学館 17
発行年月 2009年 04月
ISBNコード 9784062826679
版型 --
ページ数 279P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大岡昇平 OFF

内容紹介

母への思慕を夢や幻想を交えて語った、大岡昇平の「母六夜」。
おじさんとの交流を通して、新しい世界へ踏み出そうとする少年を描いた中野重治の「おじさんの話」。
表題作のほか、梅崎春生、伊藤整、佐多稲子など、戦前戦後を通じて大きな足跡を残した五人の作家の十編を収録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

大岡 昇平
1909年3月6日、東京市牛込区(現新宿区)新小川町に生まれる。1919年雑誌『赤い鳥』に童謡を投稿、入選掲載される。1929年京都帝国大学文学部文学科に入学。仏文を専攻。中原中也、河上徹太郎らと同人誌『白痴群』を創刊。1948年『俘虜記』を創元社より刊行。翌年、同書により横光利一賞を受賞。1952年『野火』を創元社より刊行、読売文学賞を受賞。1961年『花影』を中央公論社より刊行、毎日出版文化賞、新潮社文学賞を受賞。1972年『レイテ戦記』により毎日芸術賞を受賞。1974年『中原中也』を角川書店より刊行、野間文芸賞を受賞。1976年『大岡昇平全集』(全十五巻、中央公論社刊)により朝日文化賞を受賞。1978年『事件』により日本推理作家協会賞を受賞。1988年12月25日、脳こうそくにより死去

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ