pagetop

本 チルドレン

ほしい!に追加 twitter
本-チルドレン
著者: 伊坂幸太郎 (著)
定価 ¥648(税込)
BOOKFANポイント: 30 pt
or
Tポイント: 18 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 講談社
シリーズ名 講談社文庫 い111-1
発行年月 2007年 05月
ISBNコード 9784062757249
版型 --
ページ数 347P
平均評価
(4)
: 5件
: 18件
: 7件
: 2件
: 0件
ブクレポ 9件

新刊お知らせ登録一覧へ »

伊坂幸太郎 OFF

内容紹介

「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。
彼を中心にして起こる不思議な事件の数々―。
何気ない日常に起こった五つの物語が、一つになったとき、予想もしない奇跡が降り注ぐ。
ちょっとファニーで、心温まる連作短編の傑作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

伊坂 幸太郎
1971年千葉県生まれ。’95年東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で、第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。’04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞を、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞短編部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: まーち 投稿日:2016/03/04

「短編集のふりをした長編小説」とは、伊坂氏、うまいことを言うなぁ。 <付録レポ>

この作品には、5つの短編が収録されているのだが、著者自身が言っているように、「短編集のふりをした長編小説」である。全ての話に登場する陣内という男のキャラが強烈だ。内容紹介に書かれている通り、独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男。そして、とにかく騒々しい男である。… >>続きを読む

ニックネーム: シャワ 投稿日:2013/06/13

愛すべき陣内さん

「陣内さん」中心の短編集です。

陣内さんは、自己中心的で、空気も読まなくて、我が道を突っ走って生きています。
でも何故か憎めないんです。

そんな陣内さんと周りの人達の日常が書かれている1冊です。
各短編には陣内さんが必ず登場し、小さなドラマが展開されます。
その小さな短編は、最後の数ページのための伏線… >>続きを読む

ニックネーム: p*m 投稿日:2013/02/27

短編のフリした長編。

読もうと思ってたら息子に先越されて結局借りて読んだ本…ラッキー(笑)。一気読み。面白かったです。メインキャラ達が皆、各人単独で充分ドラマがあって何しろ素敵。モチロン中でも抜群の個性派は陣内ですが、笑っちゃうくらい強烈なインパクトなのに「こういう人間」と簡単に説明しづらい、非常に掴み所のない奴だと思いまし… >>続きを読む

ニックネーム: つくしぃ 投稿日:2011/11/24

ダサいけどカッコイイ、尊敬するけど真似したくはない、そんな人。

変な事しか言わないけど、カッコイイ。
矛盾の塊だけど、カッコイイ。
そんな、不思議な魅力をもつ、陣内という人物を取り巻く物語。

伊坂氏のギャグの種類は、この文庫の裏表紙のあらすじにある様に「ファニー」という言葉が合う。
大笑いしてしまう訳ではなく、和む程度に、くすっとくる。

連作短編なので、いくつかの… >>続きを読む

ニックネーム: ひなたぼっこ 投稿日:2011/08/01

5つの短編集ですが、内容がつな…

5つの短編集ですが、内容がつながっているという面白い仕組みです。
日常のありふれた、でもありえない・・・よくわかりませんよね。
興味あったら読んでみてください。
伊坂幸太郎さんがなぜ多くの読者をひきつけるのか、ちょっとわかったような気がしました。 >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ