pagetop

本 魔女の死んだ家

ほしい!に追加 twitter
本-魔女の死んだ家
著者: 篠田真由美 (著)
定価 ¥2,052(税込)
BOOKFANポイント: 95 pt
or
Tポイント: 57 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 講談社
シリーズ名 Mystery land
発行年月 2003年 10月
ISBNコード 9784062705653
版型 --
ページ数 262P
平均評価
(3.5)
: 0件
: 1件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

篠田真由美 OFF

内容紹介

昔、あたしは高い石の塀で囲まれた大きなおうちに、おかあさまとばあやとねえやと四人が暮らしていた。
うちにはお客さまのない日の方がめずらしいくらい。
お客さまたちのことを、おかあさまの「すうはい者」と呼ぶのだとばあやは教えてくれた。
ある春のこと、おかあさまはピストルで殺された。
その日のことをあたしはよく夢に見る。
「魔女だからね。
魔女は昔から火炙りに決まっているからね。
」という男の人の声が聞こえる。
すると急にあたしは自分の手の中に硬い冷たいピストルの感触を覚えるのだった…。
充実の一途を辿る著者がくりひろげる耽美の世界、もつれた謎が鮮やかに解き明かされるエンディングをご堪能ください。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

篠田 真由美
東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒。専攻は東洋文化。1991年『琥珀の城の殺人』が第二回鮎川哲也賞の候補作となり92年デビュー。建築や歴史に関する並々ならぬ知識と理解は『幻想建築術』『唯一の神の御名』でも遺憾なく発揮され、その想像力の翼は遙か彼方まで読者を誘う

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: まーち 投稿日:2012/04/09

美しい桜、そして美しい女性の死

タイトルだけを見て図書館で借りてしまったら、どうやら子供向けの本だったようです。たぶん対象は、小学校高学年の女の子あたりでしょう。でも、せっかく借りたので、読んでみることにしました。

大きな屋敷に、そこに住む美しすぎる女性を目当てに、毎晩のように男達が集まってきます。その女性の「娘」は、それがとて… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


マチネの終わりに

平野啓一郎(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


ランキング一覧へ