pagetop

本 共視論 母子像の心理学

ほしい!に追加 twitter
本-共視論 母子像の心理学
著者: 北山修 (編)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 講談社
シリーズ名 講談社選書メチエ 344
発行年月 2005年 10月
ISBNコード 9784062583442
版型 --
ページ数 234P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

北山修 OFF

内容紹介

蛍、花火、しゃぼん玉。
輝いて、そして消えていく対象を眺める母子。
象徴を共有し、言語を使用するための基盤となるこの構図を日本人はなぜ好むのか?「共視」する母子を取り囲む「場」の文化とは?精神分析学をはじめ、さまざまな分野の新しい知見をもとに考察する、視線をめぐる人間論。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 共視母子像からの問いかけ/第2章 場の江戸文化/第3章 共に見ること語ること―並ぶ関係と三項関係/第4章 発達心理学から見た共視現象/第5章 視線の構造/第6章 タテ社会における視線/第7章 まなざしの精神病理/第8章 アジアの親子画、日本の浮世絵―育児文化の変容

著者情報

北山 修
1946年淡路島生まれ。ロンドン・モーズレイ病院およびロンドン大学精神医学研究所で卒後研修後、北山医院(現南青山心理相談室)院長を経て、九州大学大学院人間環境学研究院・医学研究院教授。専門は精神分析学。医学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ