pagetop

本 風の万里黎明の空 十二国記 下

ほしい!に追加 twitter
本-風の万里黎明の空 十二国記 下
著者: 小野不由美 (著)
定価 ¥702(税込)
BOOKFANポイント: 32 pt
or
Tポイント: 19 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
講談社
シリーズ名
講談社X文庫 White heart
発行年月
1994年 09月
ISBNコード
9784062551786
版型
--
ページ数
370P
平均評価
(5)
: 21件
: 3件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
3件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小野不由美 OFF

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: cotocoton 投稿日:2014/04/04

自分の立場を知り責任を取るということ

※上下巻の総評として同一レポを載せています。



シリーズ4作目は1作目のお話と同じ慶国を舞台にその1年後を描いた作品です。



あらすじ
偽王を討って玉座についた陽子だったが、政はわからないことばかり。年若く理も知らぬまして女王など、と大方の官吏にうとましく思われていることを肌に感じつつ何をすべきか惑い人の顔色ばかり気になっている自分に気付く。



何も決められないまま唯々諾々と人の言うなりになっているのでは日本にいたころの自分と何も変わらないではないかという想いに焦り、誤った判断を下してしまう。陽子は何もわからないままでいる自分自身に憤り、自ら市井に下り自分の国を知ろうとするが……。



今作では玉座についた陽子がその後、現実的な国の運営という難しさに悩みつつ自分らしい王としてのありようを見つけていくのですが、今回は陽子が単独主役、ではなく他2人の少女を交えてそれぞれの視点から慶国の革命に関わっていきます。



同じ年頃の少女が王になったということで、私が彼女の立場だったら、というそれぞれの立場から発せられる勝手な思惑を交錯させつつ、そうとは知らず2人の少女は慶国の事情に巻き込まれていき、陽子が王だとは知らずに行動を共にするようになります。陽子は王として、他の2人は人としてそれぞれの立場を想いながら成長し自立していくお話です。



短い王朝が続いた後、すっかり腐敗しきった権力構造のなかでどうやって自分らしい国を築いていくのか、単純に国歴として読んでも面白いし、異国の少女2人からこれまで登場しなかった他国の事情が垣間見られることでさらに世界観も広がり、どこまで話が広がるのか期待感が増します。(ただし、著者はものすごい遅筆で知られ、最終巻から現在まで本編は10年以上進展しておりませんが……)



今回登場した少女2人の過去とその後は別巻「華胥の幽夢」で詳しく書かれていますのでそちらも読んでみることをお勧めします。

ニックネーム: みやび 投稿日:2011/04/01

逗留先の里家で師事していた遠甫…

逗留先の里家で師事していた遠甫が何者かに攫われた。手がかりを追って訪れた街で、陽子は郷長への反乱を目論む集団に遭遇する。実は和州では、官吏による民衆からの不当な搾取や私刑の横行など、王の眼の届かぬところで悪政が蔓延っていた。官の横暴に耐えかねた一部の有志が決起の準備を進める中で、旅の末に慶国へと辿り着いていた鈴、祥瓊と陽子は運命的な邂逅を果たす。人々の誇りと命を賭けた戦いの末、陽子は国民の希望となるべく答えを見つけられるのだろうか。

本作では慶国和州での内乱を軸として、陽子が国を導くために王としての決心を定めるまでの過程と、鈴、祥瓊が数々の出会いを経て成長していく様子が丁寧に描かれています。苦しいときには誰もが闇に囚われ卑屈になっていってしまうけれど、毅然と顔を上げ己を見失わなければ道が見えてくるかもしれない。きっと国が安寧を得るまで道のりは長いけれど、葛藤の後に陽子が出した初勅を聞いて、ああきっとこの国は善い王を得られたのだなぁと感嘆する思いになりました。

上巻を通して語られる鈴と祥瓊の物語は、時にとても愚かしいように感じられるも、私たちにとってもありふれた感情で満ち溢れており、苦しみでもがく彼女たちの姿に胸が痛くなる心持ちがしました。自分の罪を認めることで、これからやっと前を向いて歩いていけるようになったのでしょう。表紙の装画をよく見ると、上巻では互い違いの方向を向いていた三人が、下巻ではまっすぐに前を見つめているのですね。感服です。

下巻の見所はなんといっても戦闘シーンです。まるで封神演技や三国志などを読んでいるのかと(実はちゃんと読んだことありません。すんません笑)見紛うような迫力ある描写にわくわくさせられっぱなしでした。州師が派遣された上に禁軍まで出てきちゃってホントどーすんの!と相変わらずの主上の追い込みっぷりに冷や冷やされられましたが、なんて瀟洒な決着地点を用意してるのかと惚れ惚れしました。きっと作者の思う壺にはまってるんでしょうね(笑)

ニックネーム: ちま 投稿日:2010/03/09

私はアニメから入ったのですが…

私はアニメから入ったのですが
奥が深く現代社会でも考えさせられる部分がある作品です!
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

虚ろな十字架

東野圭吾(著)


アキラとあきら

池井戸潤(著)


あなたの人生の物語

テッド・チャン(著)


ランキング一覧へ