pagetop

本 掟上今日子の旅行記

ほしい!に追加 twitter
本-掟上今日子の旅行記
著者: 西尾維新 (著)
定価 ¥1,350(税込)
BOOKFANポイント: 62 pt
or
Tポイント: 37 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
講談社
発行年月
2016年 11月
ISBNコード
9784062203760
版型
127×188mm
ページ数
219P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 2件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

西尾維新 OFF

内容紹介

「エッフェル塔をいただきに参上致します。
―怪盗淑女」不穏な犯行予告を阻止するため、パリに招かれた忘却探偵の掟上今日子。
しかし怪盗の真のたくらみは、今日子さん自身にエッフェル塔を盗みださせることで…!?奪われた記憶と華麗なる罠。
助手役を担う隠館厄介は、怪盗の魔手から今日子さんを救えるか?名探偵vs.怪盗のタイムリミット・ミステリー!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: りえこ 投稿日:2017/07/01

忘却探偵が海外出張!?

付属しおりが航空チケットだー!
出発日の11月16日は、発行日に揃えたんだろうな。


というわけで第八弾。今回は厄介くんの出番です。
相変わらず冤罪体質のせいで失職し、しかも退職金が現物支給なパリ行きチケット。一人旅立ったパリの空で、なぜか見慣れた白髪が・・・


忘却探偵が海外出張!?


どうやら、怪盗淑女なる人物によるエッフェル塔を盗むという犯行予告を受け、たっぷりの報酬につられて依頼を受けた様子。
いやそもそもパリなんて、行くだけでタイムリミットでは・・・いったい何徹するつもりなのか。


まあ例によって寝ちゃうわけですけどね。
ところがすっきり目覚めた今日子さん、こともあろうに、自らを怪盗淑女その人と思い込み、エッフェル塔を盗む計画を立て始めた!


もしかしてこれも今日子さんの計画のうち? ・・・いやそれにしてはおかしい。
どうやって今日子さんに真実をわかってもらうか、いっそ強制的に眠らせるか・・・やきもきするあまり物騒なことまで考えはじめる厄介くん。
はたして今日子さんは真実にたどり着くことができるのか。




まあできるんですけどね。当然。

ニックネーム: まーち 投稿日:2016/12/18

今日子さんが“怪盗”に?!

シリーズ第8弾。今回の舞台は、なんと、パリ。
そして、今回の語り手は、準レギュラー的な存在となった、隠館厄介である。


冤罪体質の厄介は、いつものパターンで、またしても、冤罪絡みで、旅行代理店を辞めることになってしまう。
そして、今回の、慰謝料兼口止め料的な退職金として渡されたのが、パリ旅行だったのである。
といっても、現実的には、顧客がキャンセルしたものを、体よく押し付けられたらしいが。


そんな経緯で、パリにやってきた厄介だったが、なんとそこで、今日子さんを発見してしまったのだ。
しかしながら、当然、今日子さんは、彼のことを覚えているわけがなく、それでも、ついつい、彼女のあとを、ストーカーのように、つけまわしてしまう厄介。
そんな彼に気付いた今日子さんに声をかけられ、彼女の助手となることになったのだ。


今回の今日子さんの仕事は、「怪盗淑女」との対決である。
パリ警視庁に犯行予告状が届き、そこには、「エッフェル塔をいただく」と書かれていたのだ。(フランス語で)
今日子さんは、その文面を、右腕に書き残していた。


ところが、出かける準備をするあいだ、ロビーで待っていた厄介だが、いつまでたっても、今日子さんが現れない。
嫌な予感がし、預かっていた、予備のカード型ルームキーを使って、部屋に入ってみると、今日子さんは、眠っていたのである。
今さら起こしても意味がないと思った厄介は、そのまま寝かしておくことにした。


しかし、目覚めて、厄介の前に姿を現した今日子さんは、自分のことを「怪盗」と名乗ったのである。
どうやら、何者かに、今日子さんの左腕の備忘録である、「私は掟上今日子。探偵。一日ごとに記憶がリセットされる」というプロフィールの中の、『探偵』という部分を、『怪盗』と書き換えられてしまったらしいのだ。
『怪盗』となってしまった今日子さんは、エッフェル塔を盗むため、活動を開始するのだが・・・


今回の作品を読んで、エッフェル塔について、いろいろ知ることができた。
現在では、フランスのランドマークとなっているエッフェル塔だが、建設された当時は、建設反対派も多数いたというのは驚きだった。
万博が終わったら取り壊すという案まであったらしい。
そして、エッフェルという建築家は、かなり異端な人物だったようで、エッフェル塔の最上階に多角形の部屋を作って、そこで暮らしていたというのだ。
現在、その部屋には、蝋人形が展示されているらしい。
恥ずかしながら、エッフェル塔と自由の女神の作者が同じだということを、初めて知った。


作品的には、いつもと違うパターンで、まぁまぁ楽しめた。
しかしながら、厄介がパリに来ることになったのも、今日子さんと出会うことになったのも、パリでのいくつかの出来事も、全て、犯人の計画だったというのはよかったが、犯人の動機が、いまひとつ、インパクトに欠けている感じがしてしまった。
今回の作品は、エッフェル塔の豆知識的に楽しむことができたが、ラストでチラッと書かれていた、イギリスでの事件簿が、すごく気になった。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

ノーマンズランド

誉田哲也(著)


女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


罪の声

塩田武士(著)


ランキング一覧へ