pagetop

本 賢い身体(からだ)バカな身体(からだ)

ほしい!に追加 twitter
本-賢い身体(からだ)バカな身体(からだ)
著者: 桜井章一 (著)
甲野善紀 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 講談社
発行年月 2008年 02月
ISBNコード 9784062144476
版型 --
ページ数 222P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

桜井章一 OFF
甲野善紀 OFF

この商品について

日本人の身体が、格段に弱くなっている。
当たり前にできたことが、できなくなった。便利さを追求するあまり、孤独な現代人が増えた-。なぜこんなことになってしまったのか。
伝説の勝負師と身体の革命家の対話の中に、困難な時代を生き抜く知恵とヒントがある。

内容紹介

昔、あたり前のことが、今では「特別なこと」になった。
「便利さ」を追求しすぎて、現代人は孤独になった。
子どもが憧れる「格好いい大人」がいなくなった。
困難をあらかじめ取り除くから、「生きる」意欲が減退した。
なぜ、そうなってしまったのか。
その答えは、二人の対話の中にある。
伝説の勝負師と身体の革命家が出した困難な時代を生き抜く知恵とヒント。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 賢い身体バカな身体(現代人の頭と手は、バカ社長と出しゃばり社員の関係である/固定観念にとらわれないから、プロが驚く動きができる ほか)/第2章 身体に隠されていること(科学は、本当の現実を扱えない/麻雀卓を回っている情報に意味はない ほか)/第3章 なぜ、日本人は身体が弱くなったのか?(昔あたり前のことが特別になった、いびつな社会をどう生きるか?/子どもを育てるには、無人島に送れ ほか)/第4章 困難な時代を生き抜く身体をつくる(どんな人間になるのがいいのか、本当のことをだれも教えない/外で遊ばない子どもたちが、日本の未来を暗くしている ほか)/第5章 青い鳥は見つかるか?(「専門家」が病をつくる/携帯電話は「不安」と「寂しさ」をたくさん生む ほか)

著者情報

桜井 章一
東京都生まれ。大学時代に麻雀に触れ、のめりこむ。昭和30年代後半、裏プロの世界で勝負師として瞬く間に頭角を現す。以来、20年間「代打」として超絶的な強さを誇り、「雀鬼」の異名をとる。その間、一度も負けなしの無敗伝説を作った。現役引退後、著者をモデルにした小説、劇画、映画などでその名を広く知られるようになる。現在、麻雀を通して人間力を鍛えることを目的とする「雀鬼会」を主宰、全国から集まった若者を指導している
甲野 善紀
東京都生まれ。1978年、武術稽古研究会松聲館を設立。以来、他流儀や異分野との交流を通して、現在では失われた精妙な古伝の術理を探求しつつ、武術の研究を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン2

鴻池剛(著)


ランキング一覧へ