pagetop

本 花屋一代 年商50億円リヤカー一台から駆け上がった根性の経営者

ほしい!に追加 twitter
本-花屋一代 年商50億円リヤカー一台から駆け上がった根性の経営者
著者: 山田祐也 (著)
定価 ¥1,543(税込)
BOOKFANポイント: 71 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 講談社
発行年月 2007年 11月
ISBNコード 9784062142519
版型 --
ページ数 269P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山田祐也 OFF

内容紹介

45年前、リヤカー一台を引いてはじめた花屋「ユー花園」。
ただただ頂点を目差すことだけを考え、前だけを見て走り続けてきた。
気がついたら年商50億円の花屋になっていた。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 どもりといじめで生け花に巡り合う/第2章 無休・無給を貫いた地獄の修行時代/第3章 いざ開業・自分を試すときが来た/第4章 どん底の貧乏が幸運の女神/第5章 花屋業界の革命児/第6章 躍進を目指しホテルに進出/第7章 負け組みだからできる成功法則

著者情報

山田 祐也
1936年(昭和11年)5月15日三重県南牟婁郡御浜町尾呂志村にて山田家の次男として生まれる。1937年(昭和12年)和歌山県新宮市に転居、以降小学校・中学校・高校時代を過ごす(高校は定時制に4年間通いながら本州製紙電気部でアルバイト)。1955年(昭和30年)19歳で単身上京、東京都品川区の「花常商店」の主人に拾われ6年修行するも、健康を害し新宮市に帰る。半年後再び上京し「花常」に戻り、独立の決意を固める。1962年(昭和37年)8月26歳のとき、東京都世田谷区代沢5丁目に3坪の店を借り生花小売店として創業。リヤカーを引きながら数年行商して回る。1972年(昭和47年)10月東京都世田谷区代沢にフラワーショップ開店(現下北沢本店)。この頃より冠婚葬祭用の生花装飾を始める。1977年(昭和52年)10月株式会社ユー花園として会社設立登記(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ